結婚記念日、娘の言葉にふと嬉しくなったこと

先日は私たち夫婦の結婚記念日でした。
とは言っても、朝からそんな事を気にしている暇はありません。いつものように朝食の準備をし、お弁当を作って主人と娘を起こし、いつものようにお見送り。
結婚して十数年も経つと夕食すらいつも通りでお祝いムードではありません。気が向くとちょっとしたスイーツを買ってくるくらいです。それでも今回は主人が仕事帰りにワインを買ってきてくれました。職場の近くの酒屋さんで見つけたとの事でした。

夕食の時にそのワインを開けて飲んでいると娘が、「あれ?今日が結婚記念日だって覚えていたの?」と私達に言うのです。私には“娘の方こそ今朝は何も言わずに出かけたのに覚えていてくれたんだ。私達夫婦の事なんだから私達が覚えているのは当たり前だと思うんだけど…”と思っていました。
主人が「仕事の帰りに思い出して酒屋さんに寄ってみた。」と答えると娘は、「私なんか、昨日からみんな知ってるよ!今日が親の結婚記念日だって!」と言いました。「みんなって?友達に言ってるの?」と聞くと、「学校で言いまくってるよ。だから私の周りの子達はみんな知ってる!でも、お父さんとお母さんが覚えているとは思わなかった!」と、どこか的外れな事を笑いながら言っていました。

親の記念日を意識してくれている、そんな娘の気持ちも嬉しかったのですが、しばらくしてふと思いました。
昔から学校での出来事は帰宅してからよく話してくれている娘。「今日は先生のお弁当はコンビニ弁当とシジミの味噌汁だった!奥さんがお弁当を作ってくれないんだって!」とか、「今日のクラブはね、後輩にちょっと注意したことがあって…」なんて事も、おかげで学校での様子が本当に手に取るようにわかるのです。
一方学校でも、「我が家のポテトサラダ、ミカンの缶詰が入っていて…」とか、「うちのお父さん、時間があったら献血に行っていて、もう100何回行っているんだろう?」とか、我が家のちょっとした出来事も、親子で使っているSNSの内容までもお友達にしゃべっているらしく、「みんな知ってるよ!」とよく言われます。

そんな娘を見て、自分が楽しいと思えない事、好きじゃない事、ストレスを感じている場の事なんて、よほど親しい友達にしか相談しませんよね?
いや、たぶん、娘の性格だったらそんな事は友達にはしゃべらないと思うのです。それが、家の中での事は友達にしゃべりまくり、帰宅してからは学校の事を色々と話してくれる。先生が怒った事でも「悪いのは生徒の方だけど、先生も言い方がね…今日はイライラしてたみたい。」なんて話してくれます。
それって、家庭も学校も、娘にとっては大好きな場所で“楽しい!”と思ってくれているのかな?と。そう思ってくれているならあば、これ以上の嬉しさはありません。
親ばかかも知れませんが、そんな風に思うととても嬉しくなってしまいました。
fufu_young


演奏会記念のプレゼント作り

市内の社会人が集まる吹奏楽のサークルに参加しています。
発表会などにはお揃いのTシャツを来たりパンフレットを作ったりしてお客さんの前で演奏するのが毎回楽しみです。

この吹奏楽サークルでは毎年一回、単独演奏会を開いていていろんな人たちが聴きに来てくれます。
今年はそのサークルの5回目の単独演奏会でした。
5周年記念ということで、お客さんに何か還元できるプレゼントは無いかメンバーで考えていました。

そのときに思いついたのが楽譜を挟むクリップです。
聴きに来てくれる人はメンバーの知り合いの人が多いので吹奏楽経験者の人も多くいます。
今回は来場者の人たちに楽譜のクリップをプレゼントすることにしました。
もし楽譜のクリップとして使わなくても普通の書類のクリップや紙幣のクリップなどにも使えます。

そしてこのクリップに何か文字や絵を印刷できないかを考えていました。
ステンレス製のクリップに印刷をしてくれるサイトを探していると、フォトエッチング加工という印刷をしているお店を見つけました。
このフォトエッチング加工をすると金属のプレートに自由に文字や絵や写真画像も入れることが出来るそうです。
早速デザインをみんなで考えることにしました。
5センチ四方ほどのクリップですが、まずサークル名を入れることと、サークルのTシャツに使ったサークルのロゴデザインを入れようということになりました。
フォトエッチング加工はパソコンで画像を作ることが出来れば、その画像通りに印刷してくれるそうです。

注文すると1週間ほどで届き、カッコいいロゴ入りクリップが出来上がりました。
演奏のあとメンバーが来場者の人たちから「このクリップいいねって喜んでもらえたよ」と言われたそうです。
思いのほか喜んでもらえたので、また何かサークルのグッズを作れないかみんなで話しています。


プレゼンテーションには、その人の個性がよく現れる

先日参加した勉強会で、パネルディスカッションがありました。
まず3人のパネラーが15分から20分程度でプレゼンテーションを行い、次にコーディネーターとパネラーとのディスカッションがあり、その後フロアとの質疑応答がありました。

このパネルディスカッション面白かったのは、パネラーのプレゼンテーション・スタイルの違いです。聞いてみていろいろと感じるところがあったので、改めて振り返ってみたいと思います。

パネラーの1人は、特別支援学校高等部の教員です。普通科だけだった高等部に、企業への就職に特化した学科を立ち上げることになったいきさつを、筋道立ててわかりやすく話しました。普通科との違いや、学科の方針がよくわかっただけでなく、生徒に関するエピソードも時々織り交ぜて話したところがとてもよかったです。おかげでプレゼンテーションが単なる説明に終わらず、生き生きとした内容になっていました。

もう1人は、障害者を多数雇用する企業の管理職です。自社の近況や取り組み、最近の法改正への対応について、時には熱く、時には冷静に語っていました。このプレゼンテーションで際立ってよかったのは、声の使い方です。重要な点や強調したい点ではより大きな声で少しゆっくり話す一方、ややネガティブな内容などについては意図的に声を落として話していました。こうした声の使い方に加えて、社内でのエピソードも織り交ぜながら話していたので、全体的に温かみのあるプレゼンテーションになりました。
残る1人は、障害者の就労を支援するNPOの役員です。この方は他の2人と違って、パワーポイントを使わず、配布資料の内容に基づいてプレゼンテーションを進めました。パネラーご本人には大変申し訳ないのですが、語り口が平板だったうえ、配布資料の情報量がやたら多かった(A4サイズの用紙5ページにわたり、文字でびっしり埋め尽くされていました)ので、ポイントがつかめませんでした。私はこの方のプレゼンテーションを過去に何回か聞いたことがありますが、毎回こんな調子です。でも他方で、文字で埋め尽くされた資料を配って平板な語り口でプレゼンテーションを行うスタイル、そしてそのスタイルを一向に変えようとしないあたりは、むしろその方の個性ではないかという気もしました。

今回のパネルディスカッションでは、プレゼンテーションの中にパネラーそれぞれの個性がよく現れていたと思います。内容はもちろん大事ですが、プレゼンテーションそのものに焦点を当ててパネルディスカッションを見聞きするのも、なかなか面白いものです。
033961s


引っ越し後の通院のこと

先日、引っ越しのために、住み慣れた土地を離れることになりました。
少し離れた土地への引っ越しのため、仕事を辞めざるを得なくなり、しばらくは専業主婦として過ごし、新しい土地での生活に慣れたころ、新しい勤め先を見つけようと思っています。

引っ越しに関わる手続きは思ったよりも多く、住民票の変更や免許証の住所変更など、公的な手続きがとても大変でした。
それだけではなく、私の場合は今まで定期通院していた病院に代わるところを探すのがまた面倒なこと。

現在私は、喘息のため呼吸器内科、腰が悪いため整形外科に定期通院しています。

まず、喘息については、幼児の頃からの習慣のため、必要な薬を出してさえくれれば問題なしと思っています。
その低い条件さえ満たされれば、後は古い病院だろうが、混んでいようが、大きかろうが小さかろうが全く気になりません。
そんな緩い条件のため、新居の近所の呼吸器内科を今後のかかりつけにすることに決めました。

問題は整形外科の方で、私の腰は、生まれつきの足首の変形から来るもののため、特殊な装具を靴底に入れなければいけなかったり、下手な運動が禁止されていたりなど、簡単な治療ではないのです。
そのため、今までは市内でかなり有名な病院に行っていました。
それに代わる病院となると、ちょっとやそっとでは見つかりません。
新居から近い整形外科は、老人ばかりであまり信頼性が無いし、一番近い大学病院だと車で30分ほどもかかるために、通いにくいのです。

まだ、どの病院が良いか決めていないので、しばらくは、遠くても以前の病院に通おうと思っています。


何となくでは決めてはいけない一生の買い物

何となく漠然と「家を買いたいな」と思い始め、物件の情報誌やインターネットを見始めるようになりました。
夫も私も「こういう家にしたい」という強い思い入れはあまりなかったので最初は建売物件でも立地などの条件が合えば・・・と思い色々な建売物件やモデルハウスの情報を集め、資料を請求したりしていました。
そんな中、街の雰囲気がとても良く、近くに小学校や中学校が近くにある建売物件を見つけ、そこが気になったので実際に内覧に行くことにしました。リビングが狭いなどの不満は少しありましたが、営業の方の人柄も良さそうだったのでここに決めてしまおうか・・・と思ってその日に仮契約して帰りました。
家に帰ってからその物件についていろいろ調べていたら、物件を売り出しているハウスメーカーと実際に施工している業者が違うという事がきになりました。
何でもそのハウスメーカーではフランチャイズ形式を取っており、設計はハウスメーカーが行うものの建てるのは各地の工務店であるということなのです。
その施工している工務店についても少し調べてみましたが、若い会社のため情報が少なく、どういう実績があるのかわからないというのが不安に思いました。
丁度夫の知り合いで建築関係の仕事に就いている方がいたので相談して現場を見てもらったところ、プロの目から見て気になるところがあちこちあるらしく・・・

夫も私も間取りなどにこだわりはあまりないので、一般的で使いやすい間取りであればそれで良しとしていました。唯一の希望は寒冷地であるため冬場の断熱に力を入れているということと、やはり長年住むため頑丈な作りであってほしいということだけでした。
しかし実際に作っているところを見なければ不安は解消されないものだということがわかりました。

結局その物件はあきらめ、まず土地を購入してから信頼できそうな工務店なりハウスメーカーなりを探すというところに落ち着きました。
やはり一生に一度の買い物だと思って、なるべく妥協はせずいい家を建てようと思い至りました。
house_reform


新築一戸建て住宅を建てるなら市街地か郊外か

新築で一戸建ての住宅が購入できるとしたら、どんな環境にしたいですか。
例えば都市部で、繁華街、学校や会社に近い場所ということは考えられます。会社や学校へ通うことを重視すると、市街投稿を表示地内で暮らしたい考えは大きくなってきそうです。土地の価格が高くて狭い土地になったり、住宅密集地になって騒音などの環境がどうかという問題があるとしてもです。公共・民間のサービスが多く利用できるのも市街地内です。都市ならではの優れていて魅力的な部分が多いだけに、都市部を選ぶ建築主は多くいます。その結果が市街地の住宅地というわけですし。
そして新築一戸建て住宅はできれば郊外のほうでという考えもあります。郊外のほうが空気がよく、人口密度も低く、家が密集していることでの諸問題は無く、ゆったりした暮らしができることになります。郊外の田畑が多い場所では、遠くまで見渡せるほど視界が良いし、空が広いこともあります。

人間の本来の暮らしに近い環境が郊外で一戸建てを立てるということでしょう。建売住宅を選ぶということもできますが、家を一から建てることを目指すこともできます。
土地面積が広く地価が割安なこともあって、土地から購入して注文住宅を建てていきたいと考えるならやっぱり郊外です。
郊外に住むと駅から異常に遠かったり、スーパーが遠くて買い物に困るという不便さはあるにしても、それらの欠点を補うことの出来るメリットがかなりあるのです。
新築一戸建てを立てるなら、都市部か郊外かということですが、共通しているのは自分の土地なので、駐車場を持てたり、畑を作れたりガーデニングができたりと、趣味としての用途がでてくることでしょう。これらを目当てとして一戸建てが欲しいという場合もあります。

マンションやアパートだと決してできないことが一戸建てでは可能となっていますし、それらに比べてプライベート空間はとても広くあります。
新築の一戸建ての魅力というのは、まだまだ失われてはいません。


オリンピックは努力を継続する大切さを教えてくれる

ニュースには、いろんな感情を引き起こすニュースがありますが、オリンピックでのアスリートの活躍を伝えるニュースは、常に感動をもたらし、自分を鼓舞するようなパワーを与えてくれます。なぜなら、オリンピックという場は、アスリートがその日のために一生懸命に練習してきた集大成を世に発表する場だからです。

日常の中に、一生懸命に何かに向かって頑張るということがなくなっているために、彼らのひたむきに頑張る姿勢が胸を打つのかもしれません。

オリンピックには4年に1度しか開催されません。そのため、そのオリンピックのために費やす時間は、4年にもなるのです。

自分の経験と照らし合わせてみて、4年という期間を何か一つのことのために過ごした経験はあったでしょうか?私の答えは「いいえ」です。正直なところ、目標に向かって努力してきたことはあっても、どこかで挫折したり、何か理由をつけて中断したりして、どこかで自分を追い込むことはしていなかったように思います。目先の利益や快適さに目がいき、志が薄れてしまうことのほうが多いのです。
短期間、一瞬の努力であれば、多くの人が経験があるでしょう。試験に受かるために、試験前だけ勉強に1日に何時間も費やすこともその一つです。または、ダイエットのために一時的に食事制限することもそうでしょう。

ただし、努力を継続することは簡単なことではないと思うのです。一時的に頑張ることは、比較的簡単のように思います。もちろん、全く頑張らず、自堕落に過ごすことが最も簡単でしょうが、努力を継続することと努力を瞬間的にすることでは、雲泥の差があるように思うのです。

あるニュースでは、メダルを獲得できたアスリートの協議終了後のコメントが書かれていました。そこには、協力してくれた周りの方々へのお礼と、4年間の間、オリンピックに向けて頑張ってきてよかったという、自分の努力を讃える、アスリートの言葉がありました。

このニュースを読んで、私は、自分を省みたり、努力を継続することに対して敬意を感じたのです。ことわざでも、継続は力なりといいますが、まさにその通りだと思います。継続することが簡単ではないからこそ、その重要性が増すのだと思います。そして、継続することが限られた人にだけ達成されているからこそ、継続した努力によって得られる結果というのは、時に想像以上になるのです。
でも、たとえ、メダルが取れなくても、結果としてあらわれなくても、努力をしたという事実こそが結果よりも重要に思います。それまでの過程で、自分を律してきたからこそ、その舞台に立てているのです。

ニュースに取り上げられるのは、ほんのひと握りのアスリートでしょう。しかし、オリンピックに参加するアスリート、それ以外でも、オリンピックを目指していたアスリートも、きっとそれぞれの輝きを持っていると思います。ニュースで知ることのできるのは、その一部ですが、それが氷山の一角に過ぎないのだと思うと、感慨深くなります。

人間は、一つの目標に向かって、こんなにもエネルギーを注ぐことができるんだと感じさせてくれるのです。そして、頑張る姿を知ることが、私自身の目標や努力への姿勢を改めて考えさせてくれます。
今年のオリンピックでは、今までのオリンピックと同様にいろんなアスリートの活躍を目にすることができました。日本からすれば、地球の裏側で、トップクラスのアスリート達が競い合っているのです。ニュースによって間接的にしか知ることはできないですが、こんなに遠く離れていても、感動は感じることができます。

とはいっても、まだ終わったわけではありません。まだ自分の活躍する舞台を待っているアスリートもいるでしょう。私は、彼らのニュースを見る度に、自分も頑張らなきゃと頑張りたいと思います。スポーツであれ、勉強であれ、仕事であれ、目標は何でもいいと思うのです。共通することは、目標に向かって一生懸命に努力することです。アスリートの姿は、それを体言することで私に教えてくれているように思います。
olympic_medals


ホンダのコンセプトカーについて

ホンダのモーターショー出展のコンセプトカーは最近は市販前提のものが多いが、過去の傾向を振り返ってみた。モーターショーに出品されたスポーツカーはCR-Zが2モデル、NSXが3?モデル、S660が2モデルあり、S2000はSSMコンセプトのみで、CR-Zの2007年以外はイメージをあまり変えずに市販化まで動いた。
2003年のHSCと言うミッドシップスポーツカーはNSXの後継と言ううわさもあったが、1モデル、東京モーターショーとヨーロッパでの展示に終わり、2007年のアキュラスポーツコンセプトとも全く関係がない。

2007年のアキュラスポーツコンセプトはNSXの二代目をうわさされていたがこれも一台限り。FRだったとの話もあり、現行のNSXとの関連性は薄い。
ホンダエンブレムになったタイプの展示はされていない。

2006年にステップバスコンセプトと言うアメリカのショー(ニューヨークでもデトロイトでもない)ものに出展されたコンセプトカーはドア配置こそ独特だったものの、フロントは現在のN-BOXそのものだったのが驚かされる。アメリカのみの展示で展示意図が少し不明。

最近のシビックは大体プロトタイプが展示されている。バンパーやテールライト類以外は生産タイプと同じ。一方フィットはプロトタイプやコンセプトはモーターショーには出ていない。インサイト2代目は市販前提モデルがパリで展示されたが、それ以前の日本のモーターショーでインサイト2代目を予告するものは展示されていない。アコードはアメリカのショーでプロトタイプが展示されることが多い。2011年東京モーターショーのハイブリッドセダンAC-Xは今にして思うと、顔が現行フィット車体が現行アコードのような形をしているが、直接の生産型はなく一代限り。セダン型で形を変えて二度モーターショーに出たホンダ車はない。

ステップワゴンは初代をのぞいてコンセプトカーのスタイルで展示されたことはない。オデッセイは99年型のプロトタイプ、アメリカ仕様はコンセプトカーがあった。中国で展示されたコンセプトMと言うミニバンのコンセプトカーはオデッセイの原型かと注目されたが、先ごろ中国で発表されたエリシオンのほうが形状が近いようだ。ジェイドは2009年のスカイデッキというコンセプトモデルが原型でその後中国のコンセプトSに受け継がれ、生産型になった。変化は大きいが、窓配置などに面影がある。

CR-Vも初代型以外はほぼコンセプトモデルなどの展示はない。ヴェゼルはアメリカで最初にコンセプトカーが発表されており、日本で市販寸前モデルとして発表。

アメリカのデザイン系モーターショーで発表されたリミックスと言う小型クーペのコンセプトカーはデザインを探る目的のためか一切今後の車に反映されていない。一方、中国は比較的コンセプトカーが多くコンセプトDからのアヴァンシアなどコンセプトCのクライダーなど、市販前提のモデルが多い。
car_denki


住まいを購入することにした理由

住まいを確保することは、社会の中で住む上で当たり前のことがお金がかかります。
経済的に自立してからというもの、住宅費というのは常に出費の大きな割合を占めていました。1人暮らしをするようになってからは、なおさらです。
住宅費を抑えることが出来るかを考えた結果、住宅を買うことにしました。
言うまでもなく、これは人生最大の買い物、そして人生最大の賭けと云っても過言ではありません。

買うことに決めた理由は、いくつかあります。

1つ目には、住宅費として払う費用は、すべてが自分の所有になるためのお金だからです人に利益にために、そして一時的な占有のために払っているのとは断然意味合いが違います。いわば、自分の将来に投資していると解釈できてmると考えたからです。

2つ目に、礼金を払うことの意味が、理解できなかったからです。礼金とは、貸主に対して「貸してくれてありがとう」と伝えるためのお金とも考えられます。何しろ、敷金とは違って、返金されることはないのです。
このことに付随していえば、礼金不要の物件というのは、礼金を要求する物件と比較すると何かと遜色が劣るからです。当初は、賃貸で検討していた時期がありましたが、この違いをしみじみ感じました。購入すれば、誰にも礼金を払わなくて済みます。そして、契約期間の度に、家賃以外の経費を払わなくても済みます。

そして、3つ目に、所有することによって、自分が住むという使い方だけでなく、人に貸す、つまり賃貸として利用するという自由を得ることができます。将来的に、他に住むところが見つかった場合、物件を賃貸に出せば、安定的な収入源に変えることができます。現代では、収入源を複数にすることによって、収入変動のリスクを抑えるスタイルが可能です。その一つの収入源として物件を使うこともできるのです。

最後に4つ目に、誰かの干渉を受けなくても住むということです。住むにあたって、期間は自分で決めることができ、間取りだって変えることができます。そして、トイレやエアコンなど設備を変えることも自分に決定権があるのです。これは、賃貸では得られない特権です。所有権という権利が、どんな意味を持つのかを改めて考えると、いろんな可能性を秘めていることが分かります。

このような理由で、住まいを得るために、賃貸ではなく、購入することを選びました。この選択については、いろんな不動産や雑誌、メディアで取り上げられる話題ですが、何を優先するかという希望を明確にすることが、選択する上での第一歩です。

この度購入する住宅の屋根には遮熱塗料が塗装されており、冷暖房費も節約出来そうです。


休み明けにはデスクに書類がいっぱいに

この前、有休を使って4連休を取ったのですが、休みが開けたその日の朝にデスクに書類がたくさん置いてありました。
紙の書類1、2枚ならまだしも、ホッチキス止めの冊子があったり、なんだか面倒くさそうな雰囲気がプンプンする感じです。
少し休みを取るいつもこうなのですが、よりよってまた面倒くさそうな案件の資料が厚くて文字の量が多かったりするので厄介です。
たまには休みでリフレッシュも必要だと思っていますが、休み明けのこういう作業がとても煩わしく感じてしまいます。

休みを取っていたのですから仕方がないことではありますが、さすがにこの量は見る気を失くさせるだけの力があります。
順番に処理していこうと思うのですが、どうしても早く済ませられそうなものから目を通そうとしてしまいます。
こういう時に限って締め切りが間近に迫っているものがあったり、あるいは私とはまったく無関係なものが紛れていたりします。
休みのスケジュールは誰でも社内のSNSで見れるはずなのに、問答無用で置かれているのでちょっとイラっときてしまいます。

ご丁寧に、このご時世に回覧したとサインして次の人に回すものまであったりします。
こういう書類は休みの私を抜かしてくれればいいのに、どうしてこう融通が利かないかなと思って、思わずため息が出てしまいます。
メールで送ってくれたり、社内のSNSで回覧してくれればもっと効率がいいのにななんてことを常日頃から言ってはいますが、まるで改善する気配はありません。
ペーパーレスを掲げて何年も経ちますが、一向にこういう紙の書類はなくなりません。

たいして急ぎでもないけど、書類を放置も出来ないので、こういう雑務に時間を割かれてしまうのが私はすごく嫌です。
休み明けの恒例行事ではありますが、こういうことがあるので有給を取るのも逆に面倒くさく感じられてしまいます。
紙の書類というのは、有無を言わさずに読めと言われているような強制感があります。
私一人がこうして文句を言っていてもしょうがないのかもしれませんが、もうちょっと何とかならないものでしょうかね。
room_office


スポンサーリンク