スポーツ 一覧

オリンピックは努力を継続する大切さを教えてくれる

ニュースには、いろんな感情を引き起こすニュースがありますが、オリンピックでのアスリートの活躍を伝えるニュースは、常に感動をもたらし、自分を鼓舞するようなパワーを与えてくれます。なぜなら、オリンピックという場は、アスリートがその日のために一生懸命に練習してきた集大成を世に発表する場だからです。

日常の中に、一生懸命に何かに向かって頑張るということがなくなっているために、彼らのひたむきに頑張る姿勢が胸を打つのかもしれません。

オリンピックには4年に1度しか開催されません。そのため、そのオリンピックのために費やす時間は、4年にもなるのです。

自分の経験と照らし合わせてみて、4年という期間を何か一つのことのために過ごした経験はあったでしょうか?私の答えは「いいえ」です。正直なところ、目標に向かって努力してきたことはあっても、どこかで挫折したり、何か理由をつけて中断したりして、どこかで自分を追い込むことはしていなかったように思います。目先の利益や快適さに目がいき、志が薄れてしまうことのほうが多いのです。
短期間、一瞬の努力であれば、多くの人が経験があるでしょう。試験に受かるために、試験前だけ勉強に1日に何時間も費やすこともその一つです。または、ダイエットのために一時的に食事制限することもそうでしょう。

ただし、努力を継続することは簡単なことではないと思うのです。一時的に頑張ることは、比較的簡単のように思います。もちろん、全く頑張らず、自堕落に過ごすことが最も簡単でしょうが、努力を継続することと努力を瞬間的にすることでは、雲泥の差があるように思うのです。

あるニュースでは、メダルを獲得できたアスリートの協議終了後のコメントが書かれていました。そこには、協力してくれた周りの方々へのお礼と、4年間の間、オリンピックに向けて頑張ってきてよかったという、自分の努力を讃える、アスリートの言葉がありました。

このニュースを読んで、私は、自分を省みたり、努力を継続することに対して敬意を感じたのです。ことわざでも、継続は力なりといいますが、まさにその通りだと思います。継続することが簡単ではないからこそ、その重要性が増すのだと思います。そして、継続することが限られた人にだけ達成されているからこそ、継続した努力によって得られる結果というのは、時に想像以上になるのです。
でも、たとえ、メダルが取れなくても、結果としてあらわれなくても、努力をしたという事実こそが結果よりも重要に思います。それまでの過程で、自分を律してきたからこそ、その舞台に立てているのです。

ニュースに取り上げられるのは、ほんのひと握りのアスリートでしょう。しかし、オリンピックに参加するアスリート、それ以外でも、オリンピックを目指していたアスリートも、きっとそれぞれの輝きを持っていると思います。ニュースで知ることのできるのは、その一部ですが、それが氷山の一角に過ぎないのだと思うと、感慨深くなります。

人間は、一つの目標に向かって、こんなにもエネルギーを注ぐことができるんだと感じさせてくれるのです。そして、頑張る姿を知ることが、私自身の目標や努力への姿勢を改めて考えさせてくれます。
今年のオリンピックでは、今までのオリンピックと同様にいろんなアスリートの活躍を目にすることができました。日本からすれば、地球の裏側で、トップクラスのアスリート達が競い合っているのです。ニュースによって間接的にしか知ることはできないですが、こんなに遠く離れていても、感動は感じることができます。

とはいっても、まだ終わったわけではありません。まだ自分の活躍する舞台を待っているアスリートもいるでしょう。私は、彼らのニュースを見る度に、自分も頑張らなきゃと頑張りたいと思います。スポーツであれ、勉強であれ、仕事であれ、目標は何でもいいと思うのです。共通することは、目標に向かって一生懸命に努力することです。アスリートの姿は、それを体言することで私に教えてくれているように思います。
olympic_medals


ママになってもスポーツをがんばる人たちはキラキラ輝いている

ウォーキングやランニングなどしている女性を見かけると、スタイルの良さはもとより、そのファッションにも思わず見とれてしまいます。
カラフルなシャツやショートパンツに身を包んで颯爽と駆け抜けていく姿は本当に美しいと、同じ女性としてうらやましく思えてしまうのです。
先日、買い物に行ったときちょっとスポーツ用品売り場を覗いてみたのですが、どのスポーツのウエアもおしゃれで、着るだけで上手になれそうと錯覚しそうなほどでした。

そういえば、ママさんバレーをしている友達が、「何よりもまず格好から」と言っていたのを思い出しました。
まず、自分好みのスポーツ用品を一式揃えてしまうことで、「ここまでお金をかけたんだから、絶対に辞められない」「上達するまで、がんばるぞ!」という気持ちになるんだそうです。
その時、「バレーやらない?」って誘われたんですが、さすがに初心者としては臆するところがあって断りました。

ママになってもバレーやテニス、マラソンをしている友達がいて、キラキラと輝いていていいな、とは思うものの、やっぱり自分にはちょっと敷居が高いんですよね。
私としてはせいぜい大会の応援に行くのが精一杯です。
でも、いつかはやってみたいっていう気持ちもあるんですよね。難しい女心です。


スポンサーリンク