住まいを購入することにした理由

住まいを確保することは、社会の中で住む上で当たり前のことがお金がかかります。
経済的に自立してからというもの、住宅費というのは常に出費の大きな割合を占めていました。1人暮らしをするようになってからは、なおさらです。
住宅費を抑えることが出来るかを考えた結果、住宅を買うことにしました。
言うまでもなく、これは人生最大の買い物、そして人生最大の賭けと云っても過言ではありません。

買うことに決めた理由は、いくつかあります。

1つ目には、住宅費として払う費用は、すべてが自分の所有になるためのお金だからです人に利益にために、そして一時的な占有のために払っているのとは断然意味合いが違います。いわば、自分の将来に投資していると解釈できてmると考えたからです。

2つ目に、礼金を払うことの意味が、理解できなかったからです。礼金とは、貸主に対して「貸してくれてありがとう」と伝えるためのお金とも考えられます。何しろ、敷金とは違って、返金されることはないのです。
このことに付随していえば、礼金不要の物件というのは、礼金を要求する物件と比較すると何かと遜色が劣るからです。当初は、賃貸で検討していた時期がありましたが、この違いをしみじみ感じました。購入すれば、誰にも礼金を払わなくて済みます。そして、契約期間の度に、家賃以外の経費を払わなくても済みます。

そして、3つ目に、所有することによって、自分が住むという使い方だけでなく、人に貸す、つまり賃貸として利用するという自由を得ることができます。将来的に、他に住むところが見つかった場合、物件を賃貸に出せば、安定的な収入源に変えることができます。現代では、収入源を複数にすることによって、収入変動のリスクを抑えるスタイルが可能です。その一つの収入源として物件を使うこともできるのです。

最後に4つ目に、誰かの干渉を受けなくても住むということです。住むにあたって、期間は自分で決めることができ、間取りだって変えることができます。そして、トイレやエアコンなど設備を変えることも自分に決定権があるのです。これは、賃貸では得られない特権です。所有権という権利が、どんな意味を持つのかを改めて考えると、いろんな可能性を秘めていることが分かります。

このような理由で、住まいを得るために、賃貸ではなく、購入することを選びました。この選択については、いろんな不動産や雑誌、メディアで取り上げられる話題ですが、何を優先するかという希望を明確にすることが、選択する上での第一歩です。

この度購入する住宅の屋根には遮熱塗料が塗装されており、冷暖房費も節約出来そうです。


休み明けにはデスクに書類がいっぱいに

この前、有休を使って4連休を取ったのですが、休みが開けたその日の朝にデスクに書類がたくさん置いてありました。
紙の書類1、2枚ならまだしも、ホッチキス止めの冊子があったり、なんだか面倒くさそうな雰囲気がプンプンする感じです。
少し休みを取るいつもこうなのですが、よりよってまた面倒くさそうな案件の資料が厚くて文字の量が多かったりするので厄介です。
たまには休みでリフレッシュも必要だと思っていますが、休み明けのこういう作業がとても煩わしく感じてしまいます。

休みを取っていたのですから仕方がないことではありますが、さすがにこの量は見る気を失くさせるだけの力があります。
順番に処理していこうと思うのですが、どうしても早く済ませられそうなものから目を通そうとしてしまいます。
こういう時に限って締め切りが間近に迫っているものがあったり、あるいは私とはまったく無関係なものが紛れていたりします。
休みのスケジュールは誰でも社内のSNSで見れるはずなのに、問答無用で置かれているのでちょっとイラっときてしまいます。

ご丁寧に、このご時世に回覧したとサインして次の人に回すものまであったりします。
こういう書類は休みの私を抜かしてくれればいいのに、どうしてこう融通が利かないかなと思って、思わずため息が出てしまいます。
メールで送ってくれたり、社内のSNSで回覧してくれればもっと効率がいいのにななんてことを常日頃から言ってはいますが、まるで改善する気配はありません。
ペーパーレスを掲げて何年も経ちますが、一向にこういう紙の書類はなくなりません。

たいして急ぎでもないけど、書類を放置も出来ないので、こういう雑務に時間を割かれてしまうのが私はすごく嫌です。
休み明けの恒例行事ではありますが、こういうことがあるので有給を取るのも逆に面倒くさく感じられてしまいます。
紙の書類というのは、有無を言わさずに読めと言われているような強制感があります。
私一人がこうして文句を言っていてもしょうがないのかもしれませんが、もうちょっと何とかならないものでしょうかね。
room_office


車のバッテリー、交換目安って?

わが家にある車は2台ですが、私が運転しているのは主に軽自動車です。ほぼ私専用になっている軽自動車ですが、昔は通勤、今は近所への買い物程度でしか運転することがないためあまり走っていません。もうすぐ購入から10年近くたちますが、この前3万キロにやっと到達したくらいです。
更に、車にはめっぽうという私。決してこまめにメンテナンスしてあげているとは言えません。そのため、定期的にエンジンオイルを交換しに行った際にも「そろそろ車のバッテリーを交換した方がいいかもしれません」と言われても、よく分からないんですよね。一度ほいほいその言葉にのって交換したら、夫から「ビジネストークの場合もあるよ」と言われてがっくり。それ以降、「夫に相談してから決めます」でごまかしています。
ただ、ちょっと調べてみると車のバッテリーは大体2年程度が目安なのだとか。乗り方などで差は出るものの、定期的に変えなくてはならないのは事実のようです。
知識がないのでこの際もう少し自分のためにも調べてみたところ、自分で車のバッテリーの調子を知る方法は、「音」とのこと。エンジンを始動した時、スターターモーターの回り具合で判断したらよいそうです。すぐにしっかりとかかればいいのですが、「カカカカッ・・・」と引っかかるような音で、やっとエンジンがかかるような状態ならバッテリーの交換時期のようです。
確かに音がおかしければ、「車が不調かもしれない」と気づくことができますね。ビジネストークばかりというわけではないでしょうが、まずは自分の耳で状態を知り、その上で検査してもらった上で交換してもらおうと思います。


これはなんとかしたいと思っていること

もともとアレルギーなどはないはずなのですが、最近肌の痒みに悩んでいます。
背中が特にひどく、一度かいてしまうと痒みもどんどん増すようでなかなか辛いものがあるのです。

鏡に映してみると、別に腫れているとか湿疹ができているといった様子はありません。
家族に見てもらっても、「爪でひっかいた跡があるけれど、特にこれといった肌の異常はない」ということなのです。
それで、乾燥で痒いのかもしれないと考えています。

湿疹などの症状がないからわざわざ皮膚科に行くのもためらわれるし、なんとか自分で治めるようにしたいのです。

夫からは「日光にあんまり当たらないことも影響があるんじゃないのかな」と言われています。
確かに日焼けをしたくないので外出するときにはいつも肌をしっかりとカバーするような服装です。
タンクトップなどの上にちょっと薄手のカーディガンを羽織るとか夏用の透かし編みのボレロを着るといった感じなのです。
残念ながら子供のころのように「海やプールで思いっきり遊んで日に当たって」ということはもうありません。

やっぱりそういうことは人間本来の体のリズムから考えるとちょっと異常なのかなあと思っています。
それでもやたらと日に焼けてシミができるとかいうことになっても困ります。
それで食べ物からなんとかしようと努力することにしました。

肌の潤いを補給してくれるネバネバ食品はもちろんのこと、ビタミンもたっぷりと取りたいので野菜ジュースやフルーツジュースを利用します。
幸い夏の暑い時期の昼間にはよくミルクシェイクを作るので、そこにオレンジやスイカなどのフルーツをたくさん入れるのです。

そのほかに健康系の雑誌で読んで注目しているのがニンジンジュースです。
記事では一定の期間に毎日ニンジンを食べるという実験をしていました。
その結果、便秘の解消や肌がしっとりしてきたなどの成果があったということでこれはよさそうだと思ったわけです。

便秘は今のところ問題になっていないのですが、肌の潤いは興味があります。
なのでミルクシェイクを作るときに生のニンジンも一緒に入れるか、ニンジンジュースを足すなどの方法をやってみることにしました。
暑いときにはカレーなんかも結構メニューに登場するので、ジュースだけでなくいろいろと使えそうです。

また、夏で汗をかくとやっぱり肌で雑菌が繁殖しやすくもなるだろうと思います。
洗いすぎもよくないというのは今や常識ですが、汗をかいたままにしておくわけにもいきません。
考えれば最近は一日に何回もシャワーを浴びたりすることがあります。
それで、寝る前に浴びるシャワーのとき以外は石鹸やボディーソープを使わずに汗を流すだけにしようと思います。

お気に入りのボディーソープなどを買うお店で「シルクのボディタオル」を見つけたのでそれも買ってきました。
体を洗うときに使うボディタオルやブラシなどの刺激も、こういう肌トラブルがあるときには症状を悪化させる原因になると聞いたからです。
シルクやコットンなどの天然素材は肌にも優しく摩擦が少なくていいということなので、使ってみようとなったのでした。

冬になるとこういうトラブルに見舞われることはあったのですが、それ以外の季節では初めてなのでちょっととまどっています。
あせもも経験がないし、大人になってからは「流れるほど汗をかく」ようなことはまずなくなっています。

まだ始めたばかりで結果のほうはわかりません。
肌の潤いがきちんと確保されるようになれば背中の痒みの症状も治まるだろうかと思います。

何よりも外出したりして「痒いな」となると人前でいきなりボリボリかくわけにはいきませんから、なんとかしたいなと思っているのです。
nikibi_girl


中古車を見つけるにあたり

私は、前々から中古車の購入を検討してました。
私は、ローンが嫌いで現金主義で必ず現金で買える金額でなければならないため、新車では手が届かないため年式が新しく、距離も走ってない新古車みたいのを探してました。

家族は5人で、子供達もいるためファミリーカーを中心に探していました。ですが、中古車、新古車で予算内に入る車がありませんでした。全国販売をしてくれる販売店をgooだったりカーセンサー等で見ていたんですがなかなか出てこないで、半分以上諦めていました。

私は、元々根っからの車好きで、色々な車種を検討していたんですが、家族のことを考え諦めてファミリーカーに走っていました。

元々、トヨタの車が大好きで、年齢を重ねるごとにトヨタが世界に誇る国産の高級車レクサスに興味がわいていました。ですがレクサスの中古車だと認定中古車じゃないとディラーは整備しないなど色々な事をネット等で調べると出てきて不安でなかなか夢を叶えるのは難しいのかなと諦めていました。

そんなときでした、私がgooで気に入っているレクサス専門店の販売店になかなか程度のいい車が掲載されていたので興味本位で電話して確認することにしました。すると、やはり程度がいいけど価格は破格に高かったです。ですが、販売店の担当の方から掲載してない入庫したばかりの車があると話が来ました。私は、レクサスの中では一番価格が安いctを探していたのでその車種もctだったので画像はないですが口頭で説明してもらいました。すると、二年落ちで走行が4千しか走っていない車でした。ですが修復歴がありラジエーターコアサポートを修理した車でした。

ですが販売店の担当の方からは凄くわかりやすい説明を頂き納得でき、購入したいと考えました。金額的にも現金で買える範囲でしたので画像を送ってもらったり動き出しました。まずは家族です。ファミリーカーを諦め荷物は積めない、後部座席は狭いを許してもらえるか不安でしたが、家族は諦めないで探したから巡り合えたんだから買いなといってくれたのです。

私は、嬉しくて、涙が出ました。それから試乗するまでは契約をしないで、遠方まで赴き、試乗して契約しました。後部座席の暑さ軽減のためカーフィルムもディーラーでお願いしました
納車まで時間が掛かりましたが凄く程度のいい車を購入できたと思ってます。販売店の担当の方も半期に一回でるかでないかの上玉だと大絶賛してましたし。車を買うということは、やはり諦めないと言うことがよくわかりました。私は、これからレクサスを大事にすると共に、レクサスの品格にあうように日々精進していきたいと考えてます。


ビジネスホンはオフィスにあるべき上位の商品

オフィスの設備として、絶対に必要な物はなにかと考えると、それは勿論仕事をするデスクと椅子であり、資料を収納するための棚、そして夏の必需品はクーラー、冬なら暖房器具です。そして電話機は、最低限あるべき道具になります。そういえば昔は黒電話といって、ベルがなって着信を知らせ、ダイヤルを回して電話をかけるタイプでした。昔の電話のことを覚えている人は多いでしょう。今の時代の電話と比べると本当に家電製品の進化のスピードが早いものだと感心します。
オフィスで電話を使うなら、デスクにビジネスホンがあったほうが良いのは当然です。なぜかというとスマホよりも通話料を安くできますし、オフィスの人数分、複数回線の契約ができるからです。オフィスで仕事を円滑に、無駄なく行っていくためには必需品となります。電話とは今の時代のビジネスには必要な道具になりました。デスクで仕事をしているときは、スマホよりも使い勝手が良いものです。番号表示も出ますし、回線をオフィス内の別の電話に回すこともできます。ファックスが付いている機種を選んだら、仕事で便利になることは間違いないでしょう。

子機が付いていることでも、とても使いやすくなります。小規模のオフィスではビジネスホンは一台だけ購入すれば子機が付くので、費用が大きくならずに済みます。

やはり通話料金の節約ができることは、ビジネスを行う上では魅力になるでしょう。通話料金を会社持ちにすることで、従業員の負担を減らすことも出来ます。この点は最も大きな利点になるのではと思います。
ビジネスホンを導入して良かったと思えるのは、個人的な通話と仕事の通話を分けられるということです。できるだけ仕事用の電話のほうで対応していくことで、情報の管理も適切にすることができます。
スマホに比べても安く購入できますし、一台あたりの料金を節約することもできます。設備を整えるなら中古の商品を入れることで節約になりますし、中古でも十分に新しいものがあります。


脱!あがり症、口下手を目指して!

最近お仕事で、人前で話すことが多くなってきました。もともと話すより聞くことが好きな私にとって、とても難しくプレッシャーになったりします。普段、楽しくおしゃべりしている人の話術を盗もうと必死になったり、テレビの芸人さんを食い入るようにみたり……。
皆さんも、人前で話すとき、緊張しませんか?慣れている人がうらやましいなあ、なんて思いませんか?
話術に長けた人って、話下手の人とどう違うんでしょうか?いろいろ研究すると、少しだけ、分かった気がします。
まず、「雰囲気が明るい人」。なんだか楽しそうに話しているからこちらも「うんうん」と笑顔で聞いてしまうこと。そして「よく声が通ること」、これも特徴にありますよね。聞く姿勢を相手に作らせるし、何を言っているのかがわかりますもの。最後に「笑うこと。笑顔」これも大切ですよね。誘い笑いだって大きな武器になるなあと芸人さんを見て思っています。あ、笑うところなんだって。(笑)

では、私を含めた口下手さんはどうでしょう?緊張して顔がこわばっていたり、「どうせ面白くないから」と暗めな雰囲気や悲壮感を漂わせていたり、自身がないから小さな声で話したり、焦ってどもったり。結構ありがちです。そこで、脱、あがり症を目指して少しずつ場慣れをしていこうと決心しました。まずは「どうなってもいいや」という精神で初めてのプレゼンに挑みました。今までは人前で話すとき相手のアクションが気になってしまい、起こりもしないことを妄想してはパニックになっていましたが、「どうなってもいいや」と思うことで結構吹っ切れるものがありました。第一の成果としては「自分の言いたいことは言えた」ことです。相手を気にして、相手の欲しい言葉を探しながら話すと聴いている人も「ん?何の話?」となってしまうことがありました。まずは自分の主張を明確に伝え、無駄な蛇足を省きました。次に、「相手のリアクションを見てみる」。これは結構プレッシャーを感じるものでした。相手のリアクションが怖くて、あがり症になったといっても過言ではないですが、これを越えなければ次にはいけないと考えたのです。

実際に見てみると、退屈そうにしていたり、聞いていなかったり、揚げ足をとろうとしたり、キラキラした目で聴いてくれていたりと様々でした。
そこで第二の成果は「聞き手を意識しながら話す」ことです。相手の状況が見えた、ということは意識するところまでたどり着くことができました。そんなの当たり前だと思う方は話術に長けた人で、当たり前ではないのです。そして、次なる目標は「前回退屈そうにしていた人が一瞬でも耳を傾ける」ということです。つまらないのは何故か?「相手に共感することがない」「話し方に抑揚がない」「興味がわかない」……。など、様々な理由があります。

プレゼンにおいて相手の欲しい情報を与えていられるかを再確認してみました。そして、まずは「掴み」が大事だとテレビの芸人さんが仰っていたので「あるあるネタ」や「プレゼンに入る前に導入の挨拶を考える」ことを探してみました。そして抑揚。マシンガントークだと、一定で速すぎてなんにも入ってきません。ゆっくりすぎても飽きてしまいます。緩急をつけることを意識して話すことをしてみました。少し間を多くとると、つまらなそうにペンを回していた人が一瞬こっちの様子を窺ってきたのです。初めてプレゼン中に目を合わすことができました。目が合うとにっこりと笑い目を逸らさずに話続けると、相手は「自分に話してくれてる」と思ってくれたのか、最後までこちらを向いてくれました。話す内容も工夫をし、話し方を少し意識するだけで、聞き手の姿勢が大いに変わるところを見られたのは私にとって大きな収穫でした。これからも研究して、話術が長けた人、まではいかなくても「聞きたい」と思ってくれる人が増えることを目指して場慣れに力をいれていこうと思っています。口下手な皆さん、一緒に頑張っていきましょう!


子どもはすぐに見付ける歯医者さんの看板

我が家の子どもたちは歯医者さんが大好きです。
子どもたちは定期的に歯医者さんできれいに歯のクリーニングをしてもらい、虫歯予防としてフッ素をつけてもらいます。
フッ素は子どもの好きなりんご味。

上手にできたご褒美は大きな箱に入ったおもちゃの中から好きなものを選びもらいます。
虫歯になったことがない、虫歯治療をしたことがない、痛い思いをしたことがない子どもたちは歯医者さんが大好きです。
だからでしょうか。街中を歩いていたり、車で道路を走っているときに見掛けるさまざまな看板の中で、子どもたちの目に飛び込むのは歯医者さんの看板です。

子どもたちが通う歯医者さんは、オリジナルのキャラクターが歯ブラシを持っている看板です。通い慣れているので、街中で見掛けたら即座に見付けます。

他の歯医者さんに通院したことがないにも関わらず、「歯医者さん」と思われる看板をすぐに見付けます。
4歳の上の子は字が読めるようになったから看板がわかるのかなと思いましたが、2歳の下の子はまだ字が読めません。それでも二人とも多種多様な看板の中から一瞬にして歯医者さんの看板をに見付けられるのはなぜだろうと、私は疑問に思いました。
子どもたちに聞くと、「歯医者さんがくれる歯ブラシの絵がついてるよ」
「歯のかわいい絵がついてるよ」
「わたしの好きなハートが歯のようになってるよ」
「りんごみたいな歯があるんだよ。歯医者さんはりんご味がするからかな~」(「歯医者さんがりんご味」というのは、りんご味のフッ素だからです。)
今どきの歯医者さんの看板というのは、こんなにいろいろなものがあるのだなあと感心しました。
わたしのイメージでは歯医者さんの看板というのは、「○○歯科医院」と漢字で堅苦しさや痛みを感じるようなものでした。
街中の歯医者さんの看板を気に掛けて見てみると、「○○歯科医院」の○○の部分が平仮名で柔らかみを出していたり、かわいいキャラクターであったり、歯がキャラクターになっていたり。歯と歯ブラシを上手に看板に組み込んでいたり。中にはカフェと見間違えるようなオシャレな看板まであります。
これらの看板たちを見ていると歯医者さんへの恐怖心がなくなるものだなと感心します。
中には看板で歯科医院を選ぶ患者さんもいるでしょう。
子ども目線ってすごいなと歯医者さんの看板を見て思いました。
そんな看板を製作してる業者さんがいます。その業者さんは開業後のサポートもしてくれるんです。
http://www.shika-kaigyou.jp/?9gn_navi
ha


久し振りに帰省した友人と過ごした日

米国に住んでいる友人が1年半ぶりに帰省することになり、ホテルでランチしようということになりました。いつもなら気軽な感じの場所にするのですが、たまには高級感のあるホテルの和食処もいいと思い予約を入れておきました。

ちょっとした遊び心で、仕事で出張中の30代半ばの女性2人という設定にして和食処に行こうということになりました。いつもなら2人ともカジュアルな服装で会うのですが、今回は2人ともスーツを着て出張中のキャリアウーマンになり切って待ち合わせ場所で会いました。たまにスーツを着ると新鮮な感じがしました。

ランチの会席料理は素晴らしく、料理の見た目の美しさと美味しさで話も一層はずみました。友人は米国の大きな都市で働いており、私は田舎の小さな町に住んでいます。全く違う環境と生活なのですが、不思議なことに話は尽きません。公私共にお互いにいろいろなことがありますが、普段は電話やスカイプでその都度話すわけではなく、メールも年に2回位しかせず、こうして会った時にいわば事後報告のような感じで話します。ランチの後は、次に会うのを楽しみにしてそのまま笑顔でお別れです。久し振りに会うのだからと出来るだけ一緒に長い時間を過ごすこともなく2時間程のランチタイムを過ごすだけなのです。それでも帰省した時は必ず会いたいと思い、帰省時期の連絡をもらうと美味しいランチの場所を探すのが楽しみとなっています。

この日は天気が良かったので、友人と別れた後で近くにある公園に行きました。その公園は海のそばにあって海の上に遊歩道(橋)がかかっています。のんびりと遊歩道を歩いて海を見ながら、今日友人と話した内容や、少し気が早いけど次に会った時はどこでランチを食べようかと考えていました。友人から近い将来日本に戻ってきたい旨を聞いた時はとても嬉しく思いました。何となくですが、多分この友人が日本に帰ってきても今迄と同じような感覚で会うような気がします。年に1回思い出したように会って話して、じゃあ又来年会いましょう、という感じです。そんな感じのあっさりした関係でも、お互いに会っていて心地よく信頼関係もあるので、きっと友人とはこのままの関係でいいのだろうと思いながら遊歩道を降りました。


フィリピンで乗るマツダ・デミオ

フィリピンにて日本から中古で輸入されてきたマツダ・デミオを使用しています。

型式がDY3Wという、2代目デミオの1300CCモデル、AT車です。このモデル自体、日本では2002年から2007年まで販売されていて、当方のは2003年の前期モデルにあたります。

車体色も白なので、日本で見かけたなら、ただの営業車的なものでしょうか、ここはフィリピン、エアコンがあるだけでとっても重宝しています。
もともと日本では車が好きで、初代ハチロクなど色々乗り継いできたのですが、今は日常の足として安価で譲り受けたこのデミオを2年ほど使用しています。

フィリピンでは左ハンドルがマストなため、デミオもこちらでの登録時に左ハンドル仕様にコンバートされたのが、大きな違いでしょうか。この車に対するインプレッションですが、当時のマツダらしくハンドリングはキビキビとしており、足廻りも適度な硬さです。

ただ、さすがに1300CCのAT車にこの大きな車体というだけあって、出だしが今一歩物足りません。この型のデミオより、可変バルブタイミング機構が搭載されてたのですが、タコメータを見ながら加速してみると約3000回転で作動しているようです。
ここから上は一枚かさ上げされたパワー感があり小気味よいのですが、問題はそれ以下の回転数です。

通常の信号スタートならまだ何とかですが、一番つらいのは登り坂で歩くようなスピードに落ちてからの再加速です。Dレンジに入れたままですと、1速に落ちず2速で頑張ろうとしますが、数秒を頭で数えながら再加速を待つイメージになります。

アクセルを大きく踏み込めば1速へ落ちるのでしょうが、気分的にそこまで踏みたくないという思いにさせます。この当時のATも、Dレンジ、Sレンジ(スポーツのSではなくスロープのSらしいです)、Lレンジとなっており、加速を補うためにギヤを変えるのですが、慣れても使いにくいです。ちなみに1速に強制的に落とすためには、Lレンジにした上でODボタンを解除する必要があります。

マニュアル車だったら補えるのに、と思う残念なポイントです。購入したときの走行距離は9万キロ弱でしたが、2年半近くで12万キロを超えました。その間のメンテとしては、ブレーキブースター交換、ミッション交換、ステアリングリンケージ類交換です。走行距離と年数を考えれば妥当なもので、充分に丈夫な車です。少々難があったのは、フィリピンではこの型のデミオは出回っていないため(3代目からはディーラーで販売されてます)、部品探しに苦労することです。幸い、1件腕の良い修理工場を見つけたので、いつも交換部品はマニラ市中のどこからか中古を探してきてもらっています。日本ではもう廃車の運命を辿りそうな我が愛車ですが、まだまだ当分、フィリピンの道で活躍してもらう予定です。
131817s


スポンサーリンク