一覧

あげものの楽しみを知った今日この頃

今までフライドポテトとか唐揚げって、好きだけれども興味があるかと聞かれたらそこまで興味はなかったです。
でも最近、揚げ物を調理するのも食べるのも楽しくなってきました。
高校を卒業して一人暮らしを始めてから料理を日常的にするようになったけれど、揚げ物だけは避けてきました。
どうしてかというと、一言で言うと怖いからです。

油がはねてきそうで怖いし、揚げ物をしていて火事になったというニュースとかを見て私は家で揚げ物なんてできないと思ってたんです。
だから、揚げ物が食べたいときはお店に行って食べるか、コンビニやスーパーの総菜を買って食べていました。
それじゃあ、実家にいたときはどうだったのかというと母親が揚げていたのですが、どうしてか母親の揚げた唐揚げを食べると頭痛がするという原因不明の症状が出るので揚げ物は食卓にはあまり上がってきませんでした。

それで、なぜ最近になってあんなに怖がっていた揚げ物を始めようと思ったのかというとスキレットを購入したからです。
スキレットとは、鉄製のフライパンなのですが鉄なので焦げ付かないために油をなじませていくために揚げ物とかしたらいいよとネットなどで書かれていたからです。

それと私が好きで見ているインスタをやっている人が唐揚げを揚げているところをインスタライブしているのを見てあまりにもおいしそうだったので意を決して私も揚げ物に挑戦したわけです。

やってみると思いのほか油も跳ねないし怖くなかったです。
最初は油の温度が分からないし、唐揚げをつつきすぎて衣がはがれたりして上手くできなかったですが、二回三回とやっていくとコツがつかめるようになって美味しい唐揚げができるようになりました。
やっぱりね、揚げたては美味しいですよ。


それに、自分で味付けが調整できるので、自分好みの唐揚げができるのでいいですね。
調子に乗ってきて最近はポテトチップスも自分でやるようになってきました。
今度はコロッケにも挑戦してみようかなと思っています。


ミルキークイーンの特徴

ミルキークイーンとは、ブランド米の部類に入り、他のお米とブレンドしても美味しいお米です。

そんなミルキークイーンですが、今までミルキークイーンを食べたことがないなど、食べたことはなくても、あまりミルキークイーンについて詳しくなかったりすると、食すことに不安を覚えるかもしれません。
そこで今回は、ミルキークイーンの特徴を紹介します。何かに対して不安を覚えている場合は、その不安を覚えている対象に対して深く知ることが、不安を解消する解決策として挙げることができるからです。

ミルキークイーンの特徴
ミルキークイーンは、農林水産省が率先して開発した、コシヒカリの突然変異になります。
ミルキークイーンという名前の理由は、お米が乳白色で半透明だからです。

このお米は、もち米のようにもちもちとしており、粘りも強いです。それは、普通のうるち米よりも、アミロース含有量が低いことが原因として挙げられるからです。
さらにミルキークイーンは、冷めても美味しく食べることもでき、膨化性にも優れています。そのため、チャーハンなどの料理で使うのではなく、お弁当などでこのミルキークイーンを使うと、相性が良く、上手に活用できるでしょう。
冒頭でも説明したように、他のお米とブレンドすることでも美味しく食べれるので、上手くミルキークイーンを料理に使い、美味しいご飯を食べましょう。

お勧めのブレンド方法は、うるち米2合にミルキークイーンを1合混ぜるというものです。
こうすれば、ミルキークイーンの特徴が生かされた、いつもとは少し違うご飯を食べることができます。

【まとめ】
ミルキークイーンは、農林水産省が率先して開発した突然変異のお米で、その特徴はもちもちとして粘りが強く、膨化性にも優れており、さらには冷めても美味しく食べることができます。

他のお米とブレンドすることもお勧めです。
こういった特徴から、ミルキークイーンを活用したいと思ったときは、チャーハンなどに使うのではなく、お弁当などに使いましょう。


妊婦に柿はNG?体に良いフルーツの意外な落とし穴にビックリ!

そろそろ妊娠後期に入りますが、体重の増加が止まりません…
元々酒飲みで、ケーキよりもキムチ!という辛党だったんですが、つわりが終わって安定期に入ってから、まさかの甘党にガラリと変わってしまいました。
今までの人生で、甘いものが食べたくて食べたくて仕方がない…という経験をした事がなく、特に油で揚げたドーナッツや生クリームたっぷりのケーキなど、高カロリーのものに心を奪われて、毎日葛藤する事になるとは思いもしませんでした。
そんな中、なんとか甘いものを我慢するために登場したのが、フルーツ。
最初はグレープフルーツで、少し前は梨でしたが、今の季節は柿。
20161206e

フルーツは元々好きでしたが、毎日食べるには高価なのと、糖質も気になっていたので、どちらかというと控えていました。
今は、朝晩の2回、家では必ず柿を食べるため、2日に一度はスーパーへ買い足しにいかないと足りないほどの勢いで食べています。
甘いものを我慢している状態でのフルーツは格別で、毎食の度に、勝手に口から「幸せだ…」と声が漏れてしまうほどです。
そんな時、旦那の実家から大量に柿が送られてきたので、ここぞとばかりに食べてしまいました。
御礼の連絡を入れた時にはすでに平らげた後だったので、「とても美味しくいただきました」と連絡したんですが、「ちょっと食べすぎじゃない?」と義母から指摘されました。

甘いものの変わりに柿を食べていますが、確かにちょっと食べすぎのような気もして不安だったので、少し調べてみたところ、『妊婦に柿はNG!』という記事を沢山見かけました。
内容は、体を冷やす…と言うことで、解熱作用がある事は承知で食べていたので、なるべく暖かい汁物と一緒に食べるようにしていましたが、それだけではありませんでした。
鉄分の摂取を阻害する成分タンニンが良くない…との事でした。
今のところ医者から注意を受けているのは、貧血気味だと言う事だけ。
糖や血圧、体重に関しても問題はないけれど、貧血気味なので、食事で改善するようにだけ言われていました。
鉄分と葉酸のサプリを飲んで、アサイーやプルーン、しじみなどを頻繁に摂るようにつとめていましたが、柿を食べることでマイナスにしていたとは驚きです。
フルーツは体にいい…というのは定説ですが、落とし穴もある事が意外でした。
そうは言われても、急に柿ライフをやめられるかは…また別の話です。


久し振りに帰省した友人と過ごした日

米国に住んでいる友人が1年半ぶりに帰省することになり、ホテルでランチしようということになりました。いつもなら気軽な感じの場所にするのですが、たまには高級感のあるホテルの和食処もいいと思い予約を入れておきました。

ちょっとした遊び心で、仕事で出張中の30代半ばの女性2人という設定にして和食処に行こうということになりました。いつもなら2人ともカジュアルな服装で会うのですが、今回は2人ともスーツを着て出張中のキャリアウーマンになり切って待ち合わせ場所で会いました。たまにスーツを着ると新鮮な感じがしました。

ランチの会席料理は素晴らしく、料理の見た目の美しさと美味しさで話も一層はずみました。友人は米国の大きな都市で働いており、私は田舎の小さな町に住んでいます。全く違う環境と生活なのですが、不思議なことに話は尽きません。公私共にお互いにいろいろなことがありますが、普段は電話やスカイプでその都度話すわけではなく、メールも年に2回位しかせず、こうして会った時にいわば事後報告のような感じで話します。ランチの後は、次に会うのを楽しみにしてそのまま笑顔でお別れです。久し振りに会うのだからと出来るだけ一緒に長い時間を過ごすこともなく2時間程のランチタイムを過ごすだけなのです。それでも帰省した時は必ず会いたいと思い、帰省時期の連絡をもらうと美味しいランチの場所を探すのが楽しみとなっています。

この日は天気が良かったので、友人と別れた後で近くにある公園に行きました。その公園は海のそばにあって海の上に遊歩道(橋)がかかっています。のんびりと遊歩道を歩いて海を見ながら、今日友人と話した内容や、少し気が早いけど次に会った時はどこでランチを食べようかと考えていました。友人から近い将来日本に戻ってきたい旨を聞いた時はとても嬉しく思いました。何となくですが、多分この友人が日本に帰ってきても今迄と同じような感覚で会うような気がします。年に1回思い出したように会って話して、じゃあ又来年会いましょう、という感じです。そんな感じのあっさりした関係でも、お互いに会っていて心地よく信頼関係もあるので、きっと友人とはこのままの関係でいいのだろうと思いながら遊歩道を降りました。


甘いものが止まらない日々。

毎日寒い日が続いているので、「早く暖かくならないかな」と毎日のように思っています。
寒いのは正直あまり得意ではないので、冬ってどうしても引きこもりになってしまいがちになってしまいますよね。

ですが、そんな苦手な冬でもちょっとした楽しみがあるのです。
それはなんと言っても「期間限定のチョコレート」です。各メーカーから、冬になると限定チョコレートがたくさん発売されるので、それを毎年楽しみにしているのです。
ちょっとブランデーが入った大人なタイプのものから、冬が旬の苺などの果物入りのものなど、その種類はとっても豊富!毎日仕事帰りに「今日は何を買って帰ろう」とわくわくしてしまいます。
コンビニでもスーパーでも、たくさんのチョコレートが売られていて、毎回決めるのにとても時間がかかってしまいます。
20160302c
ちょっとリッチな気分の時は、ケーキ屋さんにもチョコレートを買いに出かけます。
ケーキ屋さんでも、期間限定のチョコレートを発売しているので、この期間の間にできるだけ多くのお店のものを食べようとたくさん出かけてしまうんですね。
チョコレート以外にも、スイーツなども魅力的!

冬は美味しい甘いものがたくさんあるので、困ってしまいますよね。
また、年末年始などもあるので食べる機会も増えてしまうのでダイエットをしなくてはとは思うのですが…。甘いものだけはどうしてもやめられませんよね。
ですが、今しか食べることができないので、冬が終わってからダイエットは始めるということにしておきます。


びっくりシューウェディング

先週末はFちゃんの結婚式にお呼ばれしてきました!
お相手は結婚相談所で知り合った人だそうですけど、とても背が高くてやさしそうな、ハンサムな旦那さんでした。
ちくしょう、うらましいぞFちゃん!(笑)
最近はもうどしたのみんな、ってくらい、私の周りではウェディングラッシュです。
で、自然と式への出席も増えるわけなんですけど、楽しみなのはやっぱり花嫁さんのドレスとウェディングケーキ。
お料理ももちろん大事なんだけど、やっぱりこう、味がちょっともにょもにょ……とか、美味しいけど量がありすぎて食べきれないとか、色々ありますからね。それに、やっぱり主役は花嫁さんだから、そのドレスが一番のチェックポイント。
ふわっふわに広がったスカートのプリンセスラインとか、マーメイドラインとか、やっぱりその人によって選ぶものが違います。
最近ではエンパイアラインも増えてきたかな? お色直しのカラードレスは、さらに個性が出て面白い。
でも不思議なのは、誰も白無垢を選ぶ人がいないこと。
私も含め、みんなアラサーなんだけど……やっぱり女はドレスが着たいのね。
FちゃんのドレスはシンプルなAラインで、飾りすぎない自然体な感じが彼女の雰囲気によく合ってました。それに、くるんと巻いたショートヘアがすっごくかわいかった!
会場は本物の教会で、小さいながらも趣のある素敵なところ。
ロマンスグレーの神父さんはなんだか憎めない、ちょっとお茶目な人でした。
1119a
Fちゃんの式で変わってたのは、ウェディングケーキがクロカンブッシュだったこと。
クロカンブッシュというのは、シュークリームをツリーみたいに積み上げたケーキで、接着剤には飴を使うそう。
Fちゃんのケーキは彼女の好きなバラの花があしらわれていて、見た目もとっても華やか。
切り分けは難しいとのことなので、実際に食べるシュークリームは別に配られたんだけど、皮がパリッとしててほんとにおいしかった!
あー、花嫁さんほんとにしあわせそうだなー……。
わたしも早く結婚したいなー……。
でも……相手がいないんだよなー……と、毎度おなじみの独り言を心の中でつぶやきつつ、今日も今日とて仕事帰りにファミチキとジャーキーを買って帰宅する私なのでした……。

でも、私の結婚式のときには自作のウェディングケーキでマカロンタワーにしようかな……。
そのためにはマカロンのレッスンを受けに行かなきゃね。(*^_^*)


スポンサーリンク