新築一戸建て住宅を建てるなら市街地か郊外か

スポンサーリンク

新築で一戸建ての住宅が購入できるとしたら、どんな環境にしたいですか。
例えば都市部で、繁華街、学校や会社に近い場所ということは考えられます。会社や学校へ通うことを重視すると、市街投稿を表示地内で暮らしたい考えは大きくなってきそうです。土地の価格が高くて狭い土地になったり、住宅密集地になって騒音などの環境がどうかという問題があるとしてもです。公共・民間のサービスが多く利用できるのも市街地内です。都市ならではの優れていて魅力的な部分が多いだけに、都市部を選ぶ建築主は多くいます。その結果が市街地の住宅地というわけですし。
そして新築一戸建て住宅はできれば郊外のほうでという考えもあります。郊外のほうが空気がよく、人口密度も低く、家が密集していることでの諸問題は無く、ゆったりした暮らしができることになります。郊外の田畑が多い場所では、遠くまで見渡せるほど視界が良いし、空が広いこともあります。

人間の本来の暮らしに近い環境が郊外で一戸建てを立てるということでしょう。建売住宅を選ぶということもできますが、家を一から建てることを目指すこともできます。
土地面積が広く地価が割安なこともあって、土地から購入して注文住宅を建てていきたいと考えるならやっぱり郊外です。
郊外に住むと駅から異常に遠かったり、スーパーが遠くて買い物に困るという不便さはあるにしても、それらの欠点を補うことの出来るメリットがかなりあるのです。
新築一戸建てを立てるなら、都市部か郊外かということですが、共通しているのは自分の土地なので、駐車場を持てたり、畑を作れたりガーデニングができたりと、趣味としての用途がでてくることでしょう。これらを目当てとして一戸建てが欲しいという場合もあります。

マンションやアパートだと決してできないことが一戸建てでは可能となっていますし、それらに比べてプライベート空間はとても広くあります。
新築の一戸建ての魅力というのは、まだまだ失われてはいません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。