パソコン・スマホ 一覧

トナーカートリッジの長持ち方法

レーザープリンタやLEDプリンタに入っているトナーカートリッジが少なくなると交換表示が出ますが、その後でも結構使えるものです。

会社で使っているカラーレーザープリンタは、2ヶ月前にブラックの交換表示が出ましたが、軽く振って再セットしたら表示が消え、その後はまだ表示が出ません。

トナーカートリッジリユース加工の仕事をしていましたが、通常空になって戻って来るはずのカートリッジにトナーが結構残っていたものです。

カートリッジの交換時期を検出する方法は、チップカウンタで印刷枚数を積算したり、カートリッジの動作の重さで判断するなどですが、いわゆるエラー検知も多いようです。
理由は複数の方法で検知する仕組みのプリンタが多いため、一箇所でもミス検知すると交換表示になるのではと予想されます。

トナーの残量がまだ多いのにと感じたら、一度軽く振ってみるのもひとつの方法で、偏って溜まっていたトナーが撹拌されて使用可になる場合があります。
あと使用期限が切れている予備カートリッジを使ってもよいかどうかですが、保管状態にもよると思います。
包装されていても普段空調がされていない温度・湿度の変化が激しい場所だと、カートリッジ内部でトナーが固まっていたりして、使うとプリンタ内部の故障につながる可能性もあります。

交換頻度の少ない使用では、余分な在庫を持たないで交換時期が近づいたら補充する方が無難でしょう。
トナーカートリッジは安くない商品ですから、極力有効利用したいものです。


何もできないメールソフトnPOP

昨今、ランサムウェアと言う事でパソコンの中身が強制的に暗号化され、データを人質に取られてしまうと言う恐ろしい事件が発生しています。ランサムウェアに限らず、ウィルス感染はインターネットを使う上で中々避けては通れないものでは無いかと思います。

ウィルスの感染経路は、多くの場合はネットサーフィンで入手して来たファイルの実行、もしくはメールを開いた際に実行されるマクロです。インターネットから入手したファイルについては実行前にウィルススキャンをかけたり、身に覚えのないファイルは実行しない等の対策が取れますが、メールは意外とこの対策が取りにくいものであったりします。

メーラーソフトによっては、プレビューと称して本文を表示することが有り、この時にメールに仕込まれた悪意あるプログラムが実行され、感染するというケースがしばしばあります。逆に考えると、そういった高性能なメーラーソフトではなく、ただただ文字しか表示しない、そういったシンプルなメーラーソフトであれば、感染経路を一つつぶせます。nPOPは本当になにも出来ないシンプルなメーラーですので、セキュリティ面では随一と言ってよいと思います。

マクロの実行はもちろんできませんし、HTMLメールの表示もできません。これはウィルスを防ぐだけでなく、フィッシングサイトへの誘導も予防できます。

殆どの場合、フィッシングサイトへの誘導は、通常のテキストメールを偽装し、記載されたURLには本家のURLが、移動先のURLにはフィッシングサイトへのURLが表示されています。ところがnPOPではHTMLが表示できません。つまり、<a href=””フィッシングサイトのURL””>本家のURL</a>と確実に表示されるため、メールの偽装を一目で見抜くことが出来ます。

パソコンは特に業務のデータなどが保存されていますから、なるべくウィルスの感染は防ぎたい物だと思います。もし今のメールアドレスに迷惑メールが多いようでしたら、nPOPの導入を検討してみてください。普通に使う分には何の問題も無く動いてくれます。


古いゲームソフトを大量に売却した結果

実家にある古いゲームソフトを地元の買い取り店に持っていったところ、思わぬ査定額がついた。
持っていったゲームは全てスーパーファミコン以前のもので、スーパーファミコンのソフトが約40本、ファミコンが約100本ほどあった。
ヤフオクで売ろうとも思ったが、面倒だったので買取店で売ることに。

すでに需要が無いので、どうせ大した金額にはならないと思っていたが、その査定額に驚いた。
\22,000-

なんと、考えていたより0が一個多い。
いや、一個多いどころか1本10円にもならないと思っていたので、二個ぐらい多い。
店員の書き間違いを疑って思わず、これ間違ってないですか?と聞いてしまったぐらいだ。

いえ、この金額で正しいですけど、もっと安く売ってくれるんですか?(笑)

なんて言われたが、いやいや、この金額を見てもっと安く売るはずが無い。
どうしてこうなったかさっぱり分からなかったが、思いもよらない査定額に一喜したところで買取契約書にサイン。
大きなお小遣いが転がり込んできた。

ところで、数十年前のゴミソフトにどうしてこんなに高額査定が付いたのか?
店員に理由を聞いてみたところ、どうやらスーパ-ファミコンのソフトは本当にゴミだったらしく、40本で200円の査定だった。
しかし、化けたのがファミコンのソフトで、100本の内大半がゴミだったが、残り数本にプレミアが付いていたらしい。
元々販売本数が少なかったソフトで、その界隈のマニアが欲しがるようなソフトだったようだ。

名前は忘れたが、査定表には1本4000円という高額査定が付いたソフトもあった。
何も知らずにヤフオクに出品していたら、超低額で落とされていた可能性がある。

よく考えると買取査定で4000円が付いたのなら実際の取引はもっと高額ということなので、やっぱり個人売買が一番なのだが、まあ、元々ゴミを持っていったつもりが思わぬ高額査定だったのでここは素直に喜ぶことにした。

しかし…契約書には「サインした後はいかなる理由でも返品できません」とちゃっかり記載してあった。
買取契約書にサインした後にプレミアが付いていることを教えてくれた店員、なかなか商売上手である。


家では大抵パソコンの前に座っています

私の場合は家にいる時間の大半をパソコンの前に座っているといっても過言ではありません。何故なら副業も趣味もパソコンを活用するモノだからです。

私は現在派遣で働いているので当然給料も時給となり、多分同世代の人と比較すると収入も少ない方だと言えます。なのでパソコンでせっせと副業をしている毎日です。副業分も入れるとまあそこそこ人並といった所でしょうか?アンケートサイト、ブログライター、さらにはクラウドソウジングで文章を書くタスクの仕事をしています。単価はさほど高くないのですが自分の空いている時間で特に締め切りなどが設定されていないその時出来る分をするといった仕事スタイルが私には合っていると言えます。
派遣の仕事って勿論就業先にもよるのですが、結構忙しい時期と暇な時期に差が合って、暇で収入が少ない時期には副業をせっせと頑張ることで収入を増やすようにしています。月平均で大体5万くらいパソコンを使って稼いでいます。

そして趣味としてはパソコンの情報サイトで芸能ニュースをチェックしたり、最新の情報を探したり、あと動画を見たりといった感じですね。私の趣味は元々は本を読むことですが、最近はネットで小説を読んだり、漫画を読んだりすることも増えました。本屋に足を運ばなくてもダウンロードすればすぐに読むことが出来るのがメリットと言えますし値段も紙媒体のモノよりも電子書籍の方が少しですが安価に設定されています。また近頃は同人誌などもネットで見れるようになっていてアニメやコミックの2次創作なんかもチェックしていたりします。私はコミケに行く程マニアって訳ではありませんが、ネットで見られるなら見たいかなといった感じですね。

また自分で2次創作を作ったりなんかもしています。最も同人誌をという訳ではなく最近は2次創作をアップすることが出来るピクシブといったサイトがあります。そのサイトで小説をアップすれば閲覧人数、コメント、ランキング等を知ることが出来るので小説を書く励みになるんです。気軽にアップできるのも魅力ですし、人が書いた小説やコミック、イラストが見れるのも嬉しいです。

こんなに便利なパソコンですが、最近では悪意のあるウィルス攻撃が世界的に広がっているというニュースが多いですね。
ランサムウェアというウィルスでPC内のファイルやフォルダが暗号化されて初期化しないと元に戻らないそうです。
初期化して直してもデータは当然、全て消えてなくなります。

私は日々、外付けHDDなどにデータのバックアップをとるようにしていますが、さすがにコンピューターの初期化など難しいことは出来ません。

そんな時は昔から知り合いのパソコンサポートを専門にやっている人にお願いしてます。
いつも対応が早くて助かってます。
イマイテクニカ


気軽に自分の作ったものを公開できて便利な世の中になりました。

インターネットの普及によって、スキルがあるのになかなか活躍できる場を設けられなかった人が、どんどん活躍していってるように思います。小説や歌、アニメーション等特に芸術の分野で活動する人が、より活躍しやすくなったのではないかと思います。
動画サイトなどで活動していたら、人気が出てきて、いつのまにかメジャーデビュー!というアーティストも最近はよく見ます。本当にすごい事ですし、そういう人が活躍しやすい世の中になったことは素晴らしいなぁと感じています。

私もインターネットのおかげで、やってみたいけど実際にやるのは難しそう…と思っていたこともいろいろ出来るようになりました。全部趣味の範囲ですが。
私は歌う事が大好きで、路上やライブハウスでのライブに昔から憧れを抱いていました。自分の歌も、もっと誰かに聞いて貰えたら…と。
ですが、実際にそうする為には場所をおさえたり、申請したり、音楽を鳴らす機材を揃えたり…と難しそうな事がたくさんあって、実際にやるのは無理だろうと思っていました。

ところがインターネット上の配信サイトだと、家にいながらもっと簡単に、自分の歌を誰かに披露する事が出来、嬉しいことに視聴する人もいてくれて、感想をもらう時もあります。
外に行ったり機材をそこまで揃えなくても、こんなに簡単に自分の歌を披露し、感想ももらえるなんて、なんて便利な世の中なんだろう、と思っちゃったりしますね。

これだけで活動を続けるのももちろん良いのですが、それで自信がついたり周りの人から勧められたりで、ちょっとずつ外でも何かしら活動をしてみたいと感じて行きました。
そして、やってみたかった事の一つ、「CDを作って即売会イベントで出す」という事も挑戦する事が出来ました!やり方さえわかれば、どうするんだろう…といった過不安もなくなります。少し活動の幅が広がった気がします。

また、インターネット上の別の方の活動を見て私も興味を持ち始めたのがボイス活動です。ネット声優…と言ったらわかりやすいかもしれません。
アニメのアフレコ等、声を当てることに興味はもっていたのですが、そういうことをするのはプロの声優だけだろうと思っていました。
ですが、インターネット上で、1つの作品に1人で声色をいくつも変えて表現している人を見て、「趣味でもこんな世界があるのか」と知り、そこからは自分も声の趣味をインターネット上で始めました。それは大学時代ともうだいぶ大きくなってから始めたことでしたが、声を録音するコンテンツなども豊富にあったし、演劇経験など関係なく気軽に始められました。劇団に入った事は無かったのですが、やっている内にこちらも成長して行き、今では仲間と一緒にボイス作品を作ったりしています。

そんなふうに、気軽にインターネット上で作品を作ったり表現したり、またそれを誰かにきいてもらえることは本当にありがたいことだと感じています。
インターネットさまさまですね。


ブログ・ホームページのSEO対策で役立つTIPS

ブログ・ホームページのSEO対策で役立つTIPSをご紹介します。

◆metaタグdescriptionを設定する
descriptionは、検索結果一覧のタイトルの下に表示される、サイトの概要を説明するテキストです。
サイトテーマとなるキーワードを含めてサイト内の概要を100文字程度で記載します。
検索したユーザーにとって、価値ある結果をもたらすことをイメージさせる文章が望ましいでしょう。

◆metaタグkeywordsは不要?
metaタグのkeywordsはサイトテーマとなるキーワードを設定できるタグです。
以前はSEO上非常に効果があったmeta keywordsですが、現在Googleをはじめとした多くの検索エンジンでは利用していません。
むしろ、ライバルにターゲットとするキーワードを晒してしまうため未利用を推奨するケースもあります。
ただ、古くからの慣習として念のため残しているサイトも多いようです。
設定する場合、サイトテーマに沿ったキーワードを数個に絞って設定しましょう。

◆<img>タグには意味あるファイル名とalt属性を設定する
画像データの場合、検索エンジンは内容を判断するためにファイル名やalt属性を参照します。画像の内容を表すファイル名やalt属性を設定するようにしましょう。

◆パンくずリストを付ける
パンくずリストを作成しておくことで、訪問者はサイト内の自分の位置が把握でき他ページへの誘導に役立ちます。
また、検索エンジンがサイト構成を把握し巡回するための導線の役割を果たします。
サイト編集ツール等の機能で簡単に設定できるものもあります。積極的に利用しましょう。

◆巡回しやすいシンプルな階層構造にする
階層を複雑にしたり、深くしすぎたりしてしまうと、訪問者にも検索エンジンにも巡回が難しいサイトとなってしまいます。
シンプルなサイトほど分かりやすく巡回がしやすいです。
サイト内をシンプルなピラミッド構造になるよう作成し、前述したパンくずリストで明示してあげましょう。

◆サイトの表示速度を最適化する
訪問者にとって1~2秒以内にページが表示されることが好ましいとされており、検索エンジンもページの応答速度を評価基準として含んでいます。
自サイトのパフォーマンスをチェックし、画像を圧縮するなどの最適化を図りましょう。

上記の設定をしてもうまくPVが上がらないような場合は、やはり専門の業者に相談するのもいいでしょう。

私の会社のHPは奈良のSEO業者に依頼してますが、ある程度の結果は出ています。
月額で3万円ほどなので、紙媒体などの広告に比べると大変、リーズナブルだと思います。


急いでネットで実印作成

専業主婦をしていると、印鑑証明を使うということは皆無です。住宅ローンの申し込みも親戚の子の奨学金の保証人も夫の名義ですから、夫は印鑑登録をしていますが、私は実印も持っていませんでした。

それが、父が亡くなり、銀行の名義を変更するときに銀行から提出をもとめられました。名義は母にすることにしていましたが、被相続人である子供の全員の印鑑証明が必要だということでした。名義人が亡くなると銀行預金は凍結されてしまいますから、名義変更の手続きは早くしなければなりません。でも、印鑑すら持っていないのですから、まずは印鑑を作るところからのスタートでした。もちろん、印鑑登録をするのに文具店で売っている、普通の三文判と呼ばれるものでも、登録できないということはありません。登録できないのは、シャチハタのようなスタンプ印です。

ただ、印鑑証明というのは、土地、建物の名義変更だとか、各種ローンの申し込みだとか、財産に関わる手続きに必要な大事な書類です。簡単な印鑑では不安でした。弟は住宅ローンの申し込みの時に急いでしたのか、本当の三文判でしたので、手続きをお願いした司法書士さんに「この手続きが終わったら、印鑑の変更をお勧めします。」と言われていました。母は母で、少し珍しい姓のためすぐ買えないので、実印も銀行印も同じものを使っていました。それも、「変更したほうが、安心ですね」と言われました。

さて、実印などの印鑑を作るにしても、葬儀に準備などで目の回るほど忙しかったので、最速で印鑑をつくるのはネットがいいだろうということになりました。
調べてみると、字体も材質も豊富にそろっていて、サイズもわかりやすく、しかも5日ほどで自宅に届きました。
印鑑専門店まで行くような時間も、心の余裕もありませんでしたし、注文に行って、また受け取りに行って、といった手間を考えても、ネットで注文して正解だったと思います。

出来上がりも満足のいくものでした。わたしの印鑑を見て、母も頼んで欲しいといって、新しい実印を作りました。普段、実印なんて使うものではないので、いざ必要となった時にあわててしまいましたが、本当にネットで注文できて良かったと思います。
私は姓名の実印を作りましたが、結婚する前ならが、名だけで作ることもあるようです。材質についても木や石など色々あって、詳しく説明が書かれていたので、それぞれの特徴がわかってとてもよかったです。注文も簡単で、出来上がりのイメージも確認でしました。
367144s


パソコンとの出会いと日常とパソコンって凄いなと思った

私は、高校2年の時にバイトを必死にして16万ほどするデスクトップパソコンを購入した、人生初めての大きな買い物がパソコンだった。
購入から一週間程度で我が家に自分専用のパソコンがきた。その時の自分は自分を抑えられないほどテンションが上がった、早く早くと思いすぐにその届いた大きな箱を必死に開けた、そこから見えるパソコンはもう言い表せないほど嬉しかった!、すぐに箱から出してまずパソコンの写真を撮って、すぐにセッティングをした。

最初は難しかったが全部終わった時の達成感はハンパなかった!、そういえばなんで買ったのかを言ってませんでしたね、自分は当時、ゲーム実況をしたくてパソコンを買いました。
丁度、ゲーム実況などが爆発的に増えてきている時期で自分もやってみたいと思い!買ったのである。それでは話を戻すけど、セッティングが終わったあとはすぐに動画編集ソフトを入れたり、録画ソフトを入れたりといろいろやった、楽しくて楽しくて仕方なかった、それで最初は下手くそな動画を作ってはYouTubeに上げて楽しんでいた。

だが当時は編集をこうすればいいとか全然考えずにやっていたから全然面白くない動画を出していた(笑)

そこで今から3ヶ月前くらいから編集の動画を手当たり次第見てこうしたらいい感じの映像になるとか必死に勉強して今に至る、まあ、今も下手なのは変わらないが、それでもコツコツ頑張っている。あと、動画制作意外にもアニメを見たり、映画をみたり、ニュースを調べたりして利用している、朝起きてはアニメを見て、動画を作っての繰り返しである。でもパソコンに出会って本当に良かったと思っている、パソコンは色々な人と話をする機会をくれる、顔も本名も知らない人と話をして気が合えば友達としてゲームをしたりと色々出来る、確かにリアルの友達も大事ではあるが、パソコンは沖縄と北海道の人が話をすることが出来る!それってすごいことだと思った、もっと大きく言えば日本から遠く離れたアメリカの人とも会話が出来る!本当にパソコンに出会って良かったと思う。前より知り合い増えたし、色々な情報を知ることが出来るし今の社会ではパソコンが使えて当たり前の時代だからそういう仕事の面にも使える、本当にパソコンとはすごいものだと改めて思う。
この経験を活かし色々なことをパソコンでやってみたいと思いました!
zei_etax


全国規模で実践されるソフトの買取

様々なタイプのソフトウェアが買取られる動向は、全国的な規模で実践されるようになり始めているのではないかと推測されています。ソフトの買取に関する動向が活発化することにも直結してきており、多岐にわたる種類のソフトウェアが売りに出されているのではないでしょうか。近頃では、ソフトウェアを積極的に買取しようとする店舗などが多く見受けられるようになりつつあることから、こうした傾向に拍車が掛けられていると言えるでしょう。

かつてに比べて何らかのソフトウェアを所有する人が非常に高い割合で存在するようになってきており、買取事業に本腰が入れられるケースが度々確認されています。そのため、ソフトの買取を希望する人も多く見受けられるようになり、様々な店舗において実践される動きとなりつつあると推測されています。買取の対象に据えられるソフトの種類も格段に増加してき始めているとみられていることから、買取を行う店舗に持ち寄る人も継続的に多い状態に維持されているのではないかと思います。また、こうした取り組みが展開されていることが意欲的に周知されるようにもなってきており、高い頻度で不要となったソフトウェアを買取ってもらうことも実現されていると認識されています。

今後もソフトの買取に関する取り組みが、全国規模で実践され続けていくのではないでしょうか。これまで以上に豊富な種類のソフトウェアが買取をしてもらえるようになることも見込まれているため、多岐にわたる方面からの期待も抱かれるようになっていくでしょう。パソコンの根幹を司るソフトや、アプリケーションの一部として役割をなすソフトなど、特定の種類のソフトウェアに偏ることなく買取が実践されるのではないかと考えられています。このような動向が広域で確認されるようになっていくことで、不要となったソフトを買取ってもらう人が一層多く確認されるようになっていくのではないかと予測されています。


スポンサーリンク