ミルキークイーンの特徴

スポンサーリンク

ミルキークイーンとは、ブランド米の部類に入り、他のお米とブレンドしても美味しいお米です。

そんなミルキークイーンですが、今までミルキークイーンを食べたことがないなど、食べたことはなくても、あまりミルキークイーンについて詳しくなかったりすると、食すことに不安を覚えるかもしれません。
そこで今回は、ミルキークイーンの特徴を紹介します。何かに対して不安を覚えている場合は、その不安を覚えている対象に対して深く知ることが、不安を解消する解決策として挙げることができるからです。

ミルキークイーンの特徴
ミルキークイーンは、農林水産省が率先して開発した、コシヒカリの突然変異になります。
ミルキークイーンという名前の理由は、お米が乳白色で半透明だからです。

このお米は、もち米のようにもちもちとしており、粘りも強いです。それは、普通のうるち米よりも、アミロース含有量が低いことが原因として挙げられるからです。
さらにミルキークイーンは、冷めても美味しく食べることもでき、膨化性にも優れています。そのため、チャーハンなどの料理で使うのではなく、お弁当などでこのミルキークイーンを使うと、相性が良く、上手に活用できるでしょう。
冒頭でも説明したように、他のお米とブレンドすることでも美味しく食べれるので、上手くミルキークイーンを料理に使い、美味しいご飯を食べましょう。

お勧めのブレンド方法は、うるち米2合にミルキークイーンを1合混ぜるというものです。
こうすれば、ミルキークイーンの特徴が生かされた、いつもとは少し違うご飯を食べることができます。

【まとめ】
ミルキークイーンは、農林水産省が率先して開発した突然変異のお米で、その特徴はもちもちとして粘りが強く、膨化性にも優れており、さらには冷めても美味しく食べることができます。

他のお米とブレンドすることもお勧めです。
こういった特徴から、ミルキークイーンを活用したいと思ったときは、チャーハンなどに使うのではなく、お弁当などに使いましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。