日常 一覧

あの畳の匂いをもう一度かぎたくて

やっぱり日本人だからかな、最近「和風」というキーワードにやたら惹きつけられる私です。七五三とか、成人式とか、卒業式とか……若いうちは色々、和服着る機会もあったんですけどね、お茶も習ってたし。
だけど最近はめっきりそんなこともなく、ダラダラゴロゴロ、ジャージで寝転ぶ日々……。
あー、久しぶりに旅行でも行きたいなーと思って色々みたら、「着物レンタル」というのを見つけました。
きれいな着物を選んで、髪もちゃんとセットしてもらって、それで京都の町を散策とか……。
あ~、乙女ごころがくすぐられますね。
しかも、普通の着物だけでなく、舞妓さんとか十二単とか白拍子とか、いまは色んな着物が着られるみたいですね。
お金に余裕があったら、訪問着とか仕立ててね、普段着には結城紬、夏には薄物の白……。
つまみの細工の花かんざしにべっ甲のかんざし、銀の帯留め、ころんとしたした丸い巾着。
みんなみんなそろえて、毎日を自分の着物ですごせたら、どんな気分がするのかな。
だけどそんな贅沢、とてもとても今のお給料じゃ望めないからなあ。
ちょっと美術館に行くときとか、女友達に会うときとか、ときどきでもいいから、久しぶりに着物が着たいなあ。
わたしは成人式のときはピンク、卒業式のときは赤い着物を選んだんだけど、そろそろ30を迎えるから、そしたら渋い緑の着物レンタルでもしようかしら。
ずっとずっと、浴衣の着つけぐらいはできるようになりたいと思いながら、毎年毎年、何をするでもなく、ただ部屋の窓から花火を眺めるだけ……。
べつに今のこの生活に不満があるわけではないんだけど、なんとなく、どこか物足りないんですよね。
高校のときは楽しかったなあ。
毎週和室へ行って、正座してお菓子をいただいて、お茶を飲んで、文化祭では浴衣を着て、お客さまをもてなして……。
先生の指導は厳しかったけど、色々なことを教わったなあ。
そういう、なにか奥ゆかしいものが、「和」の習いごとや、和小物にはあるみたいで……そんなほっこりとした気持ちに、癒されてみたくなりますね。これって、私も年をとったってことなのかなあ。


アマゾンで見つかった

私は自分のスケジュール管理は、手帳に自分で手書きで書きこんでいくのが昔から好きです。

スマホも持っていますし、周りの友達をみるとスマホのカレンダーに全部予定をいれているようですが、なんとなく手書きからそのやり方に移行できずにいます。

3年前から気に入っている手帳があります。
細長くて手になじみやすく、見開きで月曜始まりの1か月の書き込みができるページがあり、他の無駄なページがなく、とても気に入っています。

いつも本屋さんに併設されている文房具コーナーで購入していましたが、なんだか今年は見つからなかったんです。
3件回っても見つからず、他の手帳をみてもなんとなく物足りなかったり要らないページがあったりで、困っていました。

あきらめて違うタイプにしようかと思っていたのですが、ふと「アマゾンならあるかしら」と思って検索してみましたところ、ありました!しかもちょっと割引になっていました。

ボルドーに草と鳥の絵が描かれた表紙のデザインも毎年ちょっとずつ変化していて美しいですし、内容も変わっていないみたいなのでとっても嬉しいです。

他にも台所用品などまとめて購入してしまいました。
到着は明後日くらいになりそうです。
到着が楽しみでしかたありません。


そろそろまじめに大掃除

oosouji_mado
先日台所や排水口の少し大々的な掃除を行いました。
日常的に掃除している箇所ですのであまりひどい汚れは無いかなと思っていたのですが、そんなことはあrませんでしたね。奥の方などはあまり手を付けていなかったのでなかなか大変なことになっていました。
その辺りを掃除しながら、これは大掃除についてまじめに考えなくてはいけないぞと思いました。
掃除は嫌いではないのでそれなりにいつもしています。
ですので改まってする必要もないかなと思っていたのです。
しかし今回の雰囲気からして大変な部分は絶対出てくるでしょう。
そういえば窓のサッシなどは見て見ぬふりをしていたな、ということを思い出しました。
試しに覗いてみるとなるほどこれは掃除しがいがありそうです。
しかしあの狭い隙間をどのように掃除したら良いのでしょうか。
そう悩んでいるとちょうどテレビで掃除の仕方をやっていたのです。
この時期は大掃除の特集が多く、参考になる方法がわかってありがたいですね。
普段あまりテレビはみないのですが、これからはしばらく積極的にチェックしていこうと思います。
他にもやはり気になるのが換気扇。実は一度も掃除したことが無いのです。取り外せるのかどうかもわからないほどです。
一度しっかりと正面から向き合う必要がありますね。
あとは窓拭きでしょうか。
窓自体はほぼ毎日拭いていますが、そういえば網戸の掃除はしていませんでした。
これもテレビでやっていた方法を試してみたいと思います。
なんだかんだで掃除したい部分が増えてきたので、本格的に計画したいと思っています。


新しくポイントサイトに登録

先日、トラフィック・エクスチェンジリードメールというポイントサイトに新たに登録しました。
このサイトはミッションとかクエストとか今までにない、ゲーム感覚でポイントを貯めていけるところが気に入って、最近は毎日サイトを覗いています。
このサイトの最大の特徴は、オートサーフといって相手のブログやサイトを見ることでポイントをもらえるところです。
私も毎日やっていますが、もらえるポイントは少ないです。
それでもほったらかしでポイントが発生するので、欠かさずサーフをやっています。
毎日サイトをチェックしていたら、サイトの特徴がだいぶわかってきたのでサイト内でやるべきことが決まってきました。
クエストやミッションは手をつけていないものも多いですが、やれそうなものだけやっていこうと思っています。
それらは達成するとポイント数も多くもらえるので、サイト登録などしていきたいです。
computer_tablet


ラジオ英会話

最近、ラジオ英会話を始めました。
そう、NHKのやつです。
今まで、「英語話せるようになりたいな〜」と、いくつかの講座などに手を出してきました。
あのスピードラーニングも試しました。
「このCDを聞き流すだけで」というのが、ダイエットの「このサプリを飲むだけで」みたいな宣伝文句とおおいに重なりますが、その宣伝文句につられて買いました(笑)
あれは、聞いていたら、たしかに始める前よりかは英語が聞き取れるようになった気はしました。
しかし、当時は電車通勤でもなく、聞き流す時間さえなくなってしまい、途中で退会してしまいました。
そして今回久しぶりに英語の勉強として始めたのが、NHKのラジオ英会話です。
英語ができる人何人かに事前調査したところ、「結局、ラジオ英会話がいいよ」という声が多かったから。
あともう1つ、ベルリッツもいいよ、とも言われましたが、あれは高すぎる。
そこまで通う時間もないし。
ということで、今、始めてから3週間がたちました。
まだ3週間なのでなんとも言えませんが、1回10分なので無理なくできています。
そしてとりあえず楽しいです。
けっこうこれは重要なのではないかと。
今までやったのは、正直楽しくなかったので続かなかったのかもしれません。
あとは英語を話す機会を作って経験を増やせば、ついに話せるようになるかも!…という期待をもちつつ、今週もラジオ英会話に励むのでした。
english_kaiwa_man


歯科医院に夫を行かせたい

最近悩んでいるのが夫の歯ぎしりの凄さだ。
私達は同じ寝室でベッドも一緒だが、眠りに入るのは断然夫の方が早い。
30分もするとその歯ぎしりは急に始まる。
全くどうやったらそんな音がでるのかわからないが、ギリギリキリキリ、本人に朝確認すると覚えていないというが、予想では奥歯は完全にすり減ってるのでないかと思う。
しかも最近歯を磨くと血がでるだの、臭いが気になる時があるだの、ネットで検索してみるとどうやら、完全に歯周病の症状のようだった。
歯周病は歯ぎしりによってしかも悪化するそうなのだ。これはもう歯科医院で治療するしかないと思われる。
なので、ちゃんと行くように私が言ったところ「痛いのはいやだ。
医者は信用できない」が夫の返事であった。
夫が過去に医療事故に巻き込まれた、だとかヤブ医者にひどい目にあったなどということはもちろんない。
むしろ病院全般が嫌いなので、そんなことに合うはずもない。
「ちゃんとした評判のいい歯科医院なら、痛くもないし治療もすぐおわるよ」と説得したが、なんだか異様に歯科医院を恐れているのである。子供か…。
これまた調べてみると、乳幼児に最初に虫歯菌はなく親からうつって虫歯ができることが広く知られているが、歯周病菌も同じように、親から子供にうつるそうである。
口移しで食べ物を子供にあげた、とかはもちろん、最近の研究では、フーフーとさましたときの息でもうつることがわかったらしい。
別に夫本人が苦しむのはいいが、子供にうつるのはさすがに気の毒である。
その旨をはなしたところ、やっと行ってもいいかな、などとあいまいな返事をするようになった。
「ちょっと、俺より先に自分が行ってみてきてくれ」
よく意味がわからないが、夫が聞いてきた評判のいい街の歯科医院に私が先に行くことになった。
そもそも私は歯の定期健診も大好きだし、別にわざわざ新しい所に行く用事もないのだが、そこで痛くなかったよ、とでもいえば安心していけるということだろうか。
夫の子供じみた考えにはついていけないが、夫が行くためにはマストらしい。
そんなわけで歯科医院に私が行って来ようと思います


お台場でパンケーキに思いをはせる

お台場にある室内プレイランドに行くため、朝早くから家を出ました。
開園が10時なので、それに間に合うように出かけたのですが、さすがお台場、朝からたくさんの人がいてびっくりしました。
プレイランドに行くための行列かと思いきや、人気のパンケーキ屋さんの行列があったので驚きました。
空いていたら行っちゃおうか、なんて夫と話していたのですが、いやいや、無理です!雨にも関わらずたくさんの人が並んでいました。

でも、調べによると表参道で並ぶよりも行列が短いらしいです。
ここだったら待っている最中にトイレにも行けるし、雨も何とかしのげるので、並ぶとしたらここに並ぼう、と思いました。
まだ有名なパンケーキ屋さんは行ったことがないです。
0歳児を連れて表参道で並ぶ気にはなれなくて…。
でも、お台場だったら頑張れそうだから、頑張ってみたい気持ちが湧いてきました。


びっくりシューウェディング

先週末はFちゃんの結婚式にお呼ばれしてきました!
お相手は結婚相談所で知り合った人だそうですけど、とても背が高くてやさしそうな、ハンサムな旦那さんでした。
ちくしょう、うらましいぞFちゃん!(笑)
最近はもうどしたのみんな、ってくらい、私の周りではウェディングラッシュです。
で、自然と式への出席も増えるわけなんですけど、楽しみなのはやっぱり花嫁さんのドレスとウェディングケーキ。
お料理ももちろん大事なんだけど、やっぱりこう、味がちょっともにょもにょ……とか、美味しいけど量がありすぎて食べきれないとか、色々ありますからね。それに、やっぱり主役は花嫁さんだから、そのドレスが一番のチェックポイント。
ふわっふわに広がったスカートのプリンセスラインとか、マーメイドラインとか、やっぱりその人によって選ぶものが違います。
最近ではエンパイアラインも増えてきたかな? お色直しのカラードレスは、さらに個性が出て面白い。
でも不思議なのは、誰も白無垢を選ぶ人がいないこと。
私も含め、みんなアラサーなんだけど……やっぱり女はドレスが着たいのね。
FちゃんのドレスはシンプルなAラインで、飾りすぎない自然体な感じが彼女の雰囲気によく合ってました。それに、くるんと巻いたショートヘアがすっごくかわいかった!
会場は本物の教会で、小さいながらも趣のある素敵なところ。
ロマンスグレーの神父さんはなんだか憎めない、ちょっとお茶目な人でした。
1119a
Fちゃんの式で変わってたのは、ウェディングケーキがクロカンブッシュだったこと。
クロカンブッシュというのは、シュークリームをツリーみたいに積み上げたケーキで、接着剤には飴を使うそう。
Fちゃんのケーキは彼女の好きなバラの花があしらわれていて、見た目もとっても華やか。
切り分けは難しいとのことなので、実際に食べるシュークリームは別に配られたんだけど、皮がパリッとしててほんとにおいしかった!
あー、花嫁さんほんとにしあわせそうだなー……。
わたしも早く結婚したいなー……。
でも……相手がいないんだよなー……と、毎度おなじみの独り言を心の中でつぶやきつつ、今日も今日とて仕事帰りにファミチキとジャーキーを買って帰宅する私なのでした……。

でも、私の結婚式のときには自作のウェディングケーキでマカロンタワーにしようかな……。
そのためにはマカロンのレッスンを受けに行かなきゃね。(*^_^*)


赤ちゃんの頃のお気に入りの服を飾る

子供が赤ちゃんだった頃の服って、なかなか捨てることができません。
もちろん、シミや毛玉だらけのTシャツやトレーナーはサイズが合わなくなったらすぐに切って端切れにして掃除に使いましたが、余所行きの可愛い服はどうしても手放すことができないのです。
もう着ることがないんだから、知り合いにあげるとか、フリマやリサイクルショップ、ネットオークションなどで売ったっていいのかもしれないのですが、時々それを眺めていると、昔の思い出が蘇るのでどうしてもできないんです。
そんな話をママ友にすると、結構共感してくれる人がいます。
中には、可愛いアンティーク調のハンガーを買ってきて、それにかけて毎日目に見えるところに飾っている、という人もいました。
それを聞いていいアイディアだなと思ったので、私も真似することに。
雑貨屋さんでかわいい木のハンガーを買って、お気に入りの子供服をリビングに飾ってみました。
学校から帰ってきた子供が「これ、どうしたの?」と聞くので、「赤ちゃんの頃着ていた服だよ」と言って、アルバムを見せてあげたところ、目を輝かせて見ていました。
久しぶりにゆっくりと昔の写真を見ながら思い出話ができて、とても幸せでした。
物には思い出が宿りますね。
photo_omoide


散歩での新発見

家の近所を散歩していると、よく見たら結構知らないことがあるものだと思いました。
ボロボロのおうちでガラスが割れているけれど修理はせず、段ボールで応急処理をしているところとか、一見いつも見ている道路側からだと小さい家なのにまわりこんでみるとなかなかの奥行きがあるところとか。
中には、近いのに今まで知らなかった家事で焼けた跡がそのまま残った家も見つけました。
・・・ちょっと好奇心で入ってみたくなりましたがもちろんやめました。だいぶ時間が経っているようで、黒く焼けたところにはツタ植物がうっそうと覆いかぶさっていました。

散歩というと、動くボールを追いかけたり、自分の限界を試したりなんてことはしないのでつまらないなと思っていたのですが、近所を歩くだけという手軽さから大抵一日おきくらいの頻度でしています。
やっぱり続けやすいのはすぐにできることなのですね。

walking_woman


スポンサーリンク