事故車購入のメリットとデメリット

スポンサーリンク

インターネットで中古車サイトをつかい中古車を検索していると相場よりドンと安くて思わず目に止まることがあります。ページを開いてみ見るとそのような場合たいていついている修復歴ありという文字、修復歴つまり事故車であるということです。

金額だけ見ると非常に魅力的ですが事故車には「安全に走れるのか不安」・「購入後の故障が心配」・「次に売る時はもっと安くなる」などマイナスなイメージがあります。

しかし見方を変えてみると事故車にもメリットが存在します。相場よりもはるかに安く購入することが可能という最大の強みがあります。次に売値が期待できないのならば乗りつぶしとして考えればお得な買い物であるといえます。

しかしどの事故車でもいいというわけではありません。たくさん流通している中古車の中には事故車がありその事故車も大事故車と軽度の事故車が存在しきちんとお金をかけて丁寧に直された車両といい加減に修理された粗悪な車両も出回っています。

運悪くそのような車を購入してしまったら安全性や購入後の故障トラブルに悩まされたりする可能性があります。事故車といっても軽い事故車や丁寧な修理が施されている車両ならばそのような可能性も低く無事故車とほぼ変わらず安心して乗り続けることができます。粗悪な事故車をうっかり購入しないために気をつけるべきことはまず信頼できる販売店で購入することです。

ディーラー直営の中古車販売店や大手の中古車販売店など信頼と実績のある所では事故車を偽って売るなどということはご法度なので信頼できるお店で購入しましょう。そして車両のチェックをしっかりすること、担当者にどの程度の事故でどのような修理をされているのか質問するのもいいでしょう。そして試乗が可能なら自身で運転してみて不具合がないか試してみるのもいい方法です。事故車の中でもちゃんと修理されているまだまだ走れる良質な車はたくさんあります。自分の目で見極めることが必要ですがお得に車を購入できる方法の一つでもあります。

オークションなどでも事故車の流通は多いようです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。