子どもはすぐに見付ける歯医者さんの看板

スポンサーリンク

我が家の子どもたちは歯医者さんが大好きです。
子どもたちは定期的に歯医者さんできれいに歯のクリーニングをしてもらい、虫歯予防としてフッ素をつけてもらいます。
フッ素は子どもの好きなりんご味。

上手にできたご褒美は大きな箱に入ったおもちゃの中から好きなものを選びもらいます。
虫歯になったことがない、虫歯治療をしたことがない、痛い思いをしたことがない子どもたちは歯医者さんが大好きです。
だからでしょうか。街中を歩いていたり、車で道路を走っているときに見掛けるさまざまな看板の中で、子どもたちの目に飛び込むのは歯医者さんの看板です。

子どもたちが通う歯医者さんは、オリジナルのキャラクターが歯ブラシを持っている看板です。通い慣れているので、街中で見掛けたら即座に見付けます。

他の歯医者さんに通院したことがないにも関わらず、「歯医者さん」と思われる看板をすぐに見付けます。
4歳の上の子は字が読めるようになったから看板がわかるのかなと思いましたが、2歳の下の子はまだ字が読めません。それでも二人とも多種多様な看板の中から一瞬にして歯医者さんの看板をに見付けられるのはなぜだろうと、私は疑問に思いました。
子どもたちに聞くと、「歯医者さんがくれる歯ブラシの絵がついてるよ」
「歯のかわいい絵がついてるよ」
「わたしの好きなハートが歯のようになってるよ」
「りんごみたいな歯があるんだよ。歯医者さんはりんご味がするからかな~」(「歯医者さんがりんご味」というのは、りんご味のフッ素だからです。)
今どきの歯医者さんの看板というのは、こんなにいろいろなものがあるのだなあと感心しました。
わたしのイメージでは歯医者さんの看板というのは、「○○歯科医院」と漢字で堅苦しさや痛みを感じるようなものでした。
街中の歯医者さんの看板を気に掛けて見てみると、「○○歯科医院」の○○の部分が平仮名で柔らかみを出していたり、かわいいキャラクターであったり、歯がキャラクターになっていたり。歯と歯ブラシを上手に看板に組み込んでいたり。中にはカフェと見間違えるようなオシャレな看板まであります。
これらの看板たちを見ていると歯医者さんへの恐怖心がなくなるものだなと感心します。
中には看板で歯科医院を選ぶ患者さんもいるでしょう。
子ども目線ってすごいなと歯医者さんの看板を見て思いました。
そんな看板を製作してる業者さんがいます。その業者さんは開業後のサポートもしてくれるんです。

ha

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。